グローバル・マネー・ジャーナル

EUとギリシャの不協和音(大前研一)2015/02/11(水)

大前研一学長総監修 資産形成力養成講座 グローバル・マネー・ジャーナル 「最新・最強・最高」クオリティの金融情報とデータ!

第380回目発行!資産形成力養成講座メルマガです。

大前研一
メルマガをご覧の皆様、こんにちは!
ビジネス・ブレークスルー 資産形成力養成講座 事務局の加藤です。
このメルマガでは、皆さんの資産形成に役立つ情報を、大前研一ならびにプロとして活躍している 一流講師陣の視点から、毎週リアルタイムにお届けしていきます。今回は金融リアルタイムライブよりコンテンツを一部抜粋してお届けいたします。資産形成を実現するためのとっておき情報を、最後までどうぞご覧ください。

【2月24日(火)15時まで! 基本コース他6講座、10%OFF他キャンペーン実施中!】

アベノミクスによる円安・株高を背景に、銀行預金ではない金融資産で運用する方向に関心が向かう今、資産運用の考え方、実践を学ぶ講座で基礎からしっかりと学びませんか? 「自ら考え、自ら行動を起こし、自らの手で資産を形成すること」 資産運用への第一歩をサポートしてまいります。

【新年キャンペーン!】2月24日(火)15時まで 6講座10%OFF他!

【無料メールセミナー】グラフで分かる日本経済! 登録無料!

【講座説明会】 東京・大阪・名古屋・福岡で開催! 書籍プレゼント付!

今回のテーマ

EUとギリシャの不協和音(大前研一)

【ギリシャ】急進左派、右派が連立へ

 ギリシャ総選挙で勝利した急進左派連合のツィプラス党首は先月26日、右派独立ギリシャ人と連立政権を組むことで合意しました。ツィプラス氏は同日首相に就任し組閣に着手、EU支援の条件となっている緊縮財政に反対する政権が誕生する見通しで、ギリシャは再び欧州債務問題の焦点に浮上しています。

 今回は反緊縮を唱えていたツィプラス氏率いる急進左派連合が149議席を獲得し、圧勝しました。実際は99議席を取り、第1党は50議席もらえるので、合計で149議席となったわけです。他の党も合わせて圧倒的に反緊縮で議席を固めてしまいました。この勢力は、国民から選ばれたので全く妥協の余地はないとし、ヨーロッパの要求をはねのけると意気込んでいます。しかし、ユーロからの脱却やEUからの脱退は望まないとしていて、どうしていくのか明確な答えを持っていないのです。

 ただギリシャ国民がこれだけ圧倒的に反緊縮を支持したという事は、やはり事情があると思われます。ビジネスウィーク誌にギリシャ経済に関する記事が出ていましたが、2008年、1000人あたり2人しか亡命していなかったギリシャですが、去年は4.7人が国外へ出て行っています。この国は嫌だと言ってオーストラリアなどへ脱出しているのです。

 そして失業率は2008年には7.2%だったのが、現在は25.5%と、4人に1人が失業している状況です。また、新車登録台数も2008年には29万6000台でしたが今は8万4000台しかありません。さらにGDPも630億ユーロから480億ユーロに大幅に縮んでいます。ギリシャの株価指数を見ても2856ポイントから819ポイントに落ち込んでいるのです。ギリシャ経済はこのような状況で、ギリシャの人から見ると、緊縮をしても底なし沼のようで、もういい加減にして欲しいと感じているのだと思います。こんな国からは出て行こうと国外へ出る人もいますが、そうもいかない人たちが多くいるはずで、反緊縮勢力の拡大につながったと言えます。

 EUはドイツとともに、ユーロゾーンに残る限りは緊縮をするように要求しています。もともとマーストリヒト条約ではそういう約束になっていたと主張し、ギリシャの無駄遣いを非難しているのです。そうした中で、ギリシャはロシアと組もうという動きを始めています。EUが行っているロシア制裁に反対し、ロシアを味方につけようなどというめちゃめちゃなところも現れてきているのです。欧州議長も話し合いをしに行ったにも関わらず、ギリシャ側は話し合いに全く応じず、かなり激しい物別れに終わりました。ドイツがいきなり話し合うとどうなるか分からないので、今後はオランド氏やスペイン、ポルトガルなども加わって説得に当たることになっています。

 ツィプラス氏については、学生時代から共産主義者として有名な人でした。日本で言えば学生運動上がりと言えます。日本でもそういう人が首相になり、その時に原発事故が起こり、大迷走をしたのは皆さんもご存知の通りです。このツィプラス氏もギリシャはどうしたらいいのか名案は持ち合わせていません。ただ今まで外からかけられてきた箍はもういやだと主張し、国民もそれを支持したことによって自分は首相になったというポピュリストなので、非常に困ったものだと思います。

【ウクライナ】ウクライナに約2400億円融資で合意 ~EU財務相理事会~

 EU財務相理事会は先月27日、ウクライナに18億ユーロ、約2400億円を融資することで合意しました。ウクライナの外貨準備は、早期の追加支援がなければ、今年半ばには底をつく見通しです。

 これはかなり深刻な状況で、ウクライナの外貨準備高の推移を見ると、少しでタッチダウンし、デフォルトに陥りそうな状況です。ロシアへのガス代の支払いに加え、年金の遅配も続いているようで、かなり厳しい状況といえます。我々には支援が必要だと主張していますが、支援だけで助かるのかと思えるほどです。

 一方、ウクライナはやはり民族主義の問題も抱えています。よりたちの悪いネオナチ運動が起こっているのです。ウクライナの民族主義は、実はネオナチなのです。

 チェコのゼマン大統領は先月4日、ウクライナの首都キエフで民族主義政党ズボボダ党などがたいまつ行進を行ったことについて、「ウクライナには何か悪いことが起こっている。このような行進に対して抗議を表明しないEUにも何か悪いことが起こっている」と述べました。ナチスの行進がたいまつ行進であったことから、これは不気味だと言ったわけです。ウクライナはかつて、ポーランドに近いガリツィア地方の連中がナチス側につき、ロシアと戦った経緯があります。こうした動きはEU側から見ると非常に不気味で、ネオナチ的な運動をされるならEUは支援できないという展開にもなってきます。

 旧ソ連支配地域でのナショナリズムの動向を詳しく見ると、エストニアやラトビアでは、ソ連と戦った英雄の記念碑の兵士がドイツ軍の制服を着用していた例や、ロシアからナチス協力者と批判された例などがあります。ウクライナも同様で、常にネオナチ的な方向に向かう一部のグループが存在するのです。ウクライナのグループは暴力的で腕っ節の強い人たちなので、キエフ政府もヤヌコビッチを追い出すときに利用したので頭が上がらない面もあり、堂々とたいまつ行進をやる展開となったのです。チェコから見ると、ウクライナは何者なのかと不審に思う一面があるというわけです。

【日本】厚生年金 年金制度持続へ「マクロ経済スライド」初実施

 厚生労働省が先月30日に発表した、2015年度の公的年金の受取額は、夫婦2人のモデル世帯で22万1507円と、前年度より2441円増加しました。年金の伸びを賃金や物価の伸びより抑える「マクロ経済スライド」を初めて実施し、年金額を前年度比0.9%増にとどめるもので、少子高齢化の中で年金制度の持続性を高める狙いです。

 今後もどんどんマクロ経済スライドを適用していくことになると思います。年金は既に破綻しているので、今のままではとても支払っていくことはできません。年金総額も50兆円を超えてくるので、運用益などはとてもあてになりません。今後はマクロ経済スライドを毎年のように実施していくだろうと思います。

講師紹介

ビジネス・ブレークスルー大学
資産形成力養成講座 学長
大前 研一
2月1日撮影のコンテンツを一部抜粋してご紹介しております。
詳しくはこちら

資産形成力養成講座 加藤

資産運用はインフレ経済下で特に重要になります。デフレ下では資産運用をしなくてもモノの価値が下がっていきますが、インフレ下ではモノの価格上昇を超える運用をしなければならないからです。資産運用は、株式・債券・為替・コモディティ・不動産など多岐に渡りますので、総合的な理解や考え方が求められます。世界標準の資産運用を学び、第一歩を踏み出してください!


【新年キャンペーン!】2月24日(火)15時まで 6講座10%OFF他!

【無料メールセミナー】グラフで分かる日本経済! 登録無料!

【講座説明会】 東京・大阪・名古屋・福岡で開催! 書籍プレゼント付!

資産形成力養成講座では、Facebookページでも金融にまつわる最新ニュースなどご紹介しております。ぜひこちらもチェックしてください。

「資産運用を日本の国技に!」「世界最適運用で世界標準の5%~10%の利回りを目指せ!」大前研一学長の掛け声のもと、2006年にスタートした資産形成力養成講座。5000名を超える受講生が学んできました。

これまで長期デフレを経験した日本。デフレに慣れ、インフレの想像がつきにくい方も多いかもしれません。しかし確実に、デフレ脱却に向けて動き出しています。インフレとはモノの価値が上昇する世の中。私たちはそうした物価上昇以上に持っている資産を高めていかないと生活力(購買力)を落としてしまうことになります。

金融機関など他人任せにするのではなく自ら設計することで、手数料などを考えると2%程度の利回りの差になることも多々あります。毎年2%の差は、例えば500万円運用している人にとって、10年で100万円以上の差になって現れます。欧米では学校教育で「お金」について学ぶ機会がありますが、日本ではほとんどありません。みなさんも、世界のお金の流れを学び、リターンを実現できる資産形成力を高めませんか?

それでは、次回のグローバルマネー・ジャーナルもお楽しみに!

大前研一の株式・資産形成オンライン通信制講座の資産形成力養成講座とは
資産形成力養成講座とは。大前研一学長総監修。世界経済の混乱の中、資産運用・形成の方法を学ぶ。FX為替・株式・投資信託・不動産・REIT・商品先物・債券・年金・保険・分散投資・海外投資など体系的に資産運用が学べる講座。ビジネス・ブレークスルー大学の公開講座。

※ このメールは、HTML形式でお送りしています。インターネットに接続した状態でご覧ください。
発行人 : ビジネス・ブレークスルー大学 オープンカレッジ事務局
〒102-0084 東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア

▷配信先変更・配信停止 ▷お問い合わせ ▷個人情報保護方針

資産形成について少しでも知識を高めたい方はまずは無料講義視聴へ。