コース紹介

ステップアップ推奨パターン

パターン1基本コース(基礎編+応用編)⇒ 不動産投資入門講座

金融商品の特性や活用方法を理解した上で、不動産投資術
(経営術)をマスターする

事務局より

基本コースでは、現金・預金から、投資信託、為替、不動産投資まで、金融商品全般の商品特性や具体的な活用方法などを含め、資産運用の基礎について学びます。

基本コースを最初に学ぶことによって、【他の投資と比べた不動産投資の特徴を把握する】【不動産投資のメリットとデメリットを理解する】【情報収集から購入、運営までの一連の概要についてイメージする】ことが出来るようになります。

概要を理解した上で、「不動産投資入門講座」を受講頂くことで、不動産投資を含めたポートフォリオの組み方を習得、実践することができ、また、不動産投資を組み込んだアセットアロケーションを実践することで、リスク管理を重視する運用戦略を立てられるようになります。

<受講生の声>

基本コースを学んで以来、自分自身の人生設計についての考えが深まりました。リーマンショックや欧州危機、アベノミクスなど経済状況の変化に対して以前よりも敏感になったと思います。そして将来の運用商品としての選択肢として不動産もありだなと常々考えるようになり、具体的な手法や実践スキルを身につけるために、不動産投資入門講座を受講することを決めました。 (40代・男性・会社役員)

パターン2基本コース(基礎編+応用編)⇒ リスクヘッジ超実践講座

金融商品の特性や活用方法を理解した上で、投資リスクやコストの軽減を実践する

事務局より

基本コースでは、現金・預金から、投資信託、為替、不動産投資まで、金融商品全般の商品特性や具体的な活用方法などを含め、資産運用の基礎について学びます。

基本コースを最初に学ぶことによって、各商品の特性を理解した上で、商品を選別、ポートフォリオの設定までを実践でき、自ら運用戦略を立てることができるスキルを身につけることが可能です。
(最終的には年5~10%の利回りを狙う戦略を立てることができるようになることが目標です。)

自身のポートフォリオ設定が明確になった上で、「リスクヘッジ超実践講座」を受講頂くことで、既存の金融商品をうまく活用しながらコストを抑えた、適切なリスクヘッジ手法について習得することができます。

<受講生の声>

資産形成について、本やWEBサイトなどで勉強することも考えましたが、網羅的でかつ基礎から学ぶことができ、隙間時間を使ってモバイルで視聴できる基本コースを選びました。
その後リスクヘッジについて学びましたが、受講前のイメージでは「株式」のリスクヘッジしか思いつきませんでしたが、多様なリスク(特にインフレ)や対応するヘッジの方法を知ることができ、体系立てて学べることが出来たことはもちろん、必要以上の恐れを手放すことができたように感じています (30代・女性・学校事務)

パターン3基本コース(基礎編+応用編) ⇒ テクニカル分析講座

経済、金融の流れ、今後の経済動向を把握した上で、投資パフォーマンスを向上させる手法を身につける

事務局より

基本コースでは、現金・預金から、投資信託、為替、コモディティまで、金融商品全般の商品特性や具体的な活用方法などを含め、資産運用の基礎について学びます。また、投資を行っていく上で重要な経済動向(世界経済)の把握を目的として、市場で注目される経済指標の読み解き方から世界経済情勢の把握の方法まで幅広く学びます

基本コースを最初に学ぶことにより、【商品特性や活用法についての基礎知識】【経済指標の読み解き方の基礎知識】を習得し、分散投資の重要性や、世界経済の流れを把握する意義について理解できるようになります。

商品の特性や活用法を習得し、指標に基づいた運用戦略の方針が定まった上で、「テクニカル分析講座」を受講頂くことで、複数のテクニカル指標からトレンドを把握でき、投資パフォーマンスの向上、投資の意思決定に役立てることができるようになります。

パターン4不動産投資入門講座 ⇒ 不動産投資実践講座

「不動産投資」の基礎知識から経営の実践スキル、不動産購入に特化したノウハウまで体系的に学ぶ

事務局より

「不動産投資」の基礎知識から実践スキルまで体系的に学べる入門講座と、さらなるステップアップとして、実際に物件を購入することにフォーカスした実践講座があります。

入門講座を最初に受講頂くことにより、不動産投資の考え方を体系的に把握できることはもちろん、実際の物件について適正価格を計算できるようになり、購入にあたった投資判断もできるようになります。

その後、実践講座で不動産購入にクローズアップして学ぶことにより、【物件の選定、購入などを実際にスタート出来る】また【規模拡大を実行出来る】ようになります。

具体的には、多数の物件資料を使用した演習や、投資物件の(講師への)個別相談などを通じて、即実践に活かしていただけるスキルを習得することが可能です。

パターン5金融リアルタイムライブ ⇒ 金融リアルタイムライブ(継続視聴)

経済情勢やグローバルマーケットの市場動向を把握し、マーケットに対する多様な考え方を身につけ、投資実践に活かす!

事務局より

本講座を毎年継続して受講いただく方の多くの目的が、「新鮮なマーケット情報を専門家レベルで入手し、自身の投資活動に活かす」ということです。「今」どうすべきかを判断する情報源として、参考にして頂いています。

実際に継続して受講することにより、自分なりの解釈、仮説を立て、投資戦略を練ることが可能となり、特に、リスク資産を運用する上での投資判断に役立つ情報が多くあり、それを可能にします。

毎回提供する生の情報を通じ、様々な仮説を立て実践するプロセスを繰り返して頂くことで、常に先読みした、市場の変化への対応力を初め、投資結果に繋げられる実践スキルを養います。

<受講生の声>

(※当講座を毎年継続して受講頂いている方の声をご紹介します。)

・世界の大手機関投資家の投資動向について、実際の聞き取り調査に基づき分析し推論されている宮島講師の講義が毎回参考になっています。
(60代・男性・2007年5月より視聴)

・世界の機関投資家の考え方などの貴重な情報を得ることが出来る点、そして為替相場の動きについて明確に解説してもらえる点が魅力で、毎年視聴しています。
(50代・男性・2007年7月より視聴)

・どのコンテンツもヒントが多く、投資判断に大変役立っています。特に、外国人投資家の考え方や動向をリアルタイムで提供してもらえる点や、株式相場のベースとなる為替の基本的な考え方につき、分かり易く解説してもらえる点が有意義で参考になっています。
(40代・男性・2009年5月より視聴)

受講の目的から選ぶ

資産形成について少しでも知識を高めたい方はまずは無料講義視聴へ。