講師紹介

大前 研一 / Kenichi Ohmae

1943年、福岡県に生まれる。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号を取得。(株)日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。以来ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を務める。
世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして活躍のかたわら、グローバルな視点と大胆な発想で、活発な提言を行っている。

 

撮影/太田真三(小学館)

グローバルでの活躍など

経済のボーダレス化に伴う企業の国際化の問題、都市の発展を中心として拡がっていく新しい地域国家の概念などについて、継続的に論文を発表している「ボーダレス経済学と地域国家論」提唱者。1987年にはイタリア大統領よりピオマンズ賞を、1995年にはアメリカのノートルダム大学で名誉法学博士号を授与された。 英国エコノミスト誌は現代世界の思想的リーダーとしてアメリカにはピーター・ドラッカーやトム・ピータースが、アジアには大前研一がいるが、ヨーロッパ大陸にはそれに匹敵するグールー(思想的指導者)がいない、と書いた。同誌の1993年グールー特集では世界のグールー17人の一人に、また1994年の特集では5人の中の一人として選ばれている。2005年の《Thinkers50》でも、アジア人として唯一、トップに名を連ねている。2005年、『The Next Global Stage』がWharton School Publishingから出版される。本著は、発売当初から評判をよび、既に13カ国語に翻訳され、世界中でベストセラーとなっている。

1992年には政策市民集団「平成維新の会」、1994年には人材発掘・育成の場として「一新塾」、1996年には起業家養成のための学校「アタッカーズ・ビジネス・スクール」を開設し、人材育成に取り組んできた。現在は、ビジネス・ブレークスルー大学大学院学長、経営コンサルタント、大学教授として各国で活躍中。経営や経済に関する多くの著書は百数十冊に及び、世界各地で読まれている。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院公共政策学部教授、ビジネス・ブレークスルー大学大学院学長、ビジネス・ブレークスルー大学学長、オーストラリアのボンド大学の評議員(Trustee)兼教授、韓国の梨花大学国際大学院名誉教授、高麗大学名誉客員教授、ペンシルベニア大学ウォートンスクールSEIセンターのボードメンバーに就任するなど、教育にも深く携わっている。

『対談』 フィル・ナイト氏(ナイキ創設者)
『対談』 フィル・ナイト氏(ナイキ創設者)
『対談』 トフラー夫妻(作家、未来学者)
『対談』 トフラー夫妻(作家、未来学者)
『対談』マハティール元マレーシア首相
『対談』マハティール元マレーシア首相

※中級コース「大前研一ゲスト対談」より

講師からのメッセージ

今、グローバルビジネスの現場で求められているのは、ブロークンでも、相手に通じ、人を動かすことができる、「結果を出せる」コミュニケーション能力です。それを身に付けてもらうため、私が35年以上の経営コンサルタント人生で培ってきたノウハウを、各コースのレベルや目標に合わせて映像講義でお伝えしています。
「オリエンテーション」(初級・中級コース)では、英語を学ぶ上での心構えをお伝えします。「One Point Lessons」(中級コース)では、英語でニュアンスを伝える要諦を、フレーズを例に出しながら学んでいきます。
「ゲスト対談」(中級コース)では、グローバルリーダーをゲストとして連れてきます。「特別講義」(上級コース)では世界各地で行った講演やディベートの様子をお見せします。これらを視聴することで、英語のスピーチのスキルを学ぶだけでなく、とっさの対応や世界情勢への洞察から「考える力」「マインド」も学んでもらい、「結果を出せる」英語力につなげていただければと思います。
私の映像講義をご覧いただくことで、実践ビジネス英語講座の英語漬けの日々を、より有意義に送って、1年後に驚くほどの結果を出されることを願ってやみません。

この講師の担当科目を見る

[ 初級コース ]

日本人が英語を話せない背景には、英語をそのまま「和文英訳」しようとしてしまうことや、英語を「正しいか、間違っているか」という「○×式」で判断してきた従来の日本の英語教育に原因があります。
このオリエンテーションは、まさにこれから「実践ビジネス英語講座」で英語を学ぼうと皆さんに送るメッセージです。

大前研一オリエンテーション
大前研一オリエンテーション

[ 中級コース ]

会社の公用語が突然英語になったら、1カ月後に突然海外派遣を命じられたら、あなたならどうしますか?国際的なコンサルタントとして長年世界を相手にビジネスをしてきた経験から、大前研一が真の英語コミュニケーションのポイントをご紹介いたします。日本にいながら国際人になるために、英語学習のコツから海外赴任先でのアドバイスまで、幅広く学習いただけます。

大前研一One Point Lessons

[ 中級コース ]

マハティール元首相、ナイキ会長で創業者でもあるフィル・ナイト氏など、海外の様々な著名人と大前研一の貴重な対談映像。対談内容からは、議論に必須のロジカルシンキングやコミュニケーション力に加え、リーダーシップについても学ぶことが可能です。さらに、生の迫力ある英語から、微妙なニュアンスを読み取る力や、ビジネスシーンで役立つ表現力を養います。

大前研一ゲスト対談

[ 上級コース ]

これまで大前研一が世界のあらゆる場面で得てきた経験知をもとに、受講生たちがGlobalな舞台で直面しているコミュニケーションの問題について、ユニークかつ戦略的な回答法や切り返し方法の極意を伝授します。

グローバルコミュニケーションの極意

[ 上級コース ]

BRICsやそれに続くVISTAなど、新興国の躍進が著しい時代のグローバルリーダーに求められる人材像とは、どのようなものでしょうか。当然、欧米に追いつき追い越せの時代のものとは異なってきます。この科目では、現在の世界情勢からみてグローバルリーダーがもつべき世界観、そのうえで求められる人材像について学びます。

Global Leadership (理論編)

[ 上級コース ]

大前研一が海外で行った講演やディベートの様子、「議論する力」と題した講義映像など、他では見ることの出来ない様々な映像を特別にご用意しました。

大前研一特別講義(講演)

[ リーダーシップ力トレーニングコース ]

大前研一が、毎年10億円の赤字を出しているアメリカ工場長役のスティーブ・ソレイシィ氏に初対面でタフな交渉を持ち込み、互いの協力関係を築き上げながら解決へと導く180分間のロールプレイを視聴し、後に全12シーンに分けたプロの解説映像を見ながら「グローバルリーダー術」を振り返る、本コース珠玉の講義です。

Kenichi Ohmae's Practice of Global Communication~ソクラテスの対話から学ぶ~

受講生の感想

  • 大前さんのオリエンテーションで視聴させていただいた「議論する力」は本当に面白かったです。ぜひあのレベルの英語力、論理力をつけたいと感じました。
    英語をどのように習得していくのかの指針になっている。
  • 英語だけを学ぶのではなく、ビジネスパーソンとしてのマインドを学ぶことが出来るのが良い。実践ビジネス英語講座を受講する一番の意義はここだと思っています。
  • 国際人としての基礎を勉強する事が出来、又、人格の形成にも非常に役立つ貴重な話だと思います。
    大前さんの豊富な御経験を簡潔にまとめられたレッスンで、映像講義が更新される毎月初旬が楽しみになっています。
  • 英語の学習という思いで始めた実践ビジネス英語講座だったのに、仕事上で活かせる情報の取り方、考え方など参考になり、特に印象に残りました。
    このような英語を企業や政府のトップが使っているんだとわかり、目指すべき目標が明確になりました。
  • 大前学長の講義は、英語力をネイテイブ並みといった現実的でない目標を立てるより、実際の職場で人材をどう活用していくかという知恵を学ぶことができたと思います。
    経験に基づいた説得力のある講座で大変勉強になった。
    自分の状況を打開するヒントが話されていたので大変興味深かった。
  • 大前研一氏の経験豊かな講義が刺激的で参考になった。
    今後のグローバルリーダーとしてのキャリアパスを考えるうえで非常に参考になっている。
    リーダーとして何が必要なのか具体的にわかったのがよかった。

【大前研一】 実践ビジネス英語講座でグローバル人材を目指す 大前研一のオンライン通信制英会話講座[PEGL]

大前研一が総監修する、実践ビジネス英語講座[PEGL] 【大前研一】のご紹介ページです。オンライン(遠隔)で学ぶ本ビジネス英語講座は、単なる英会話ではなく、実践的なビジネス英語力を身に付けることを目的としています。初級コースでは、英語学習の方法、それ自体からはじめ、自分の意図を明確に伝えるためのビジネス英語力の基礎を身につけます。

  • 無料体験学習は計12種類ご用意!コース別 無料体験学習
  • 説明会バナー
  • リーダーシップ力トレーニングコースキャンペーン

このページの先頭へ

コース説明会
実践ビジネス英語検定 グローバルリーダーへの道