リーダーシップ獲得までのプロセス 深層から鍛える自らの「軸」 | 真のビジネスリーダーを養成するリーダーシップ研修 ビジネス・ブレークスルー リーダーシップ・アクションプログラム

ホーム > リーダーシップ獲得までのプロセス 深層から鍛える自らの「軸」

リーダーシップ獲得までのプロセス1 深層から鍛える自らの「軸」

深層から鍛える自らの「軸」

拠り所となる自らの価値観を確立し、自らの「軸」をつくりあげる

コーチングによって自己内省を深める

リーダーとしてビジョンを描き、組織を作り、人を動かし結果を出すために必要なもの、その中でもすべての土台となるのが【BE=自分軸・内面】です。この土台がしっかりしていなければ、その上にどんなにスキルを積んでも、また、がむしゃらに努力しても望む結果を得るのは難しいでしょう。それだけ重要なことにも関わらず、既存のリーダーシップ教育では満足に学習することができない分野でした。リーダーシップ・アクションプログラムでは、その問題を解決しました。


本プログラムでは、EQ検査やアセスメント(360°評価)を行い、専門のカウンセラーのコーチングを通じて自らについての理解を深めます。自身の行動特性を知ること、周囲から見た自分とのギャップを知ること、そして自分の強みを再認識することで、【自分軸】を明確にしていきます。

輪読会・ディスカッションを通じて「気づき」を得る

自己内省の手段として読書は欠かせません。本プログラムではそれを一歩進め、課題図書の輪読会とディスカッションという形で、自分自身を知る機会を設けました。輪読では、古今東西のリーダーシップ本に多く触れ、次代と地域を超えた普遍的なリーダー像について学び、他の受講生とディスカッションを行います。リーダーシップを追求する者同志、活発に意見を交わし、リーダーシップのシャワーを浴び続けることで、【自分軸】を揺るぎ無いものにしていくことができるのです。



課題図書例:
「チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ!」P・F・ドラッカー

チェンジ・リーダーの条件 みずから変化をつくりだせ!

オンラインでのグループディスカッションを実現するAirCampus®

他の受講生、講師、ラーニングアドバイザー、スタッフとのディスカッションは、AirCampus®と呼ばれるシステムを使って行います。これは、オンラインでの学習効果を最大化するために、ビジネス・ブレークスルーが独自に開発したディスカッションシステムです。さまざまなバックボーンを持つ受講生からは、「目からうろこ」の意見が投稿されることもしばしば。ディスカッションに限らず、悩みや夢について話し合うことも大きな刺激になります。

無料ガイダンスへのご参加、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

ご相談ダイヤル 0120-910-072 受付時間[平日] 9:30~18:00

  • 無料ガイダンスのご案内
  • 受講申込み
  • よくある質問・お問い合せ

リーダーシップ獲得までのプロセス 深層から鍛える自らの「軸」。BBTリーダーシップ・アクションプログラムは、(株)ビジネス・ブレークスルー代表で世界的経営コンサルタントである大前研一監修のもと開発された「真のリーダー」を養成する研修プログラムです。リーダーに欠かせない3つの条件、ビジョン構想力、組織構築力、人を動かす力を徹底的に鍛える全く新しい研修を提供します。

ページTOPへ