若手リーダーに必要なコミュニケーションスキル、チームビルディング、コーチング、マインドフルネス等を身につけるリーダー養成講座

ホーム > こんな方に受講してほしい

こんな方に受講してほしい

若いうちに身につけたほうがよい

「部長クラス」「課長クラス」「係長クラス」のいわゆる「管理職」へのアンケート結果によると、これまでで一番仕事の能力が向上し、 大きく「伸びた」時期は30代という回答が最も多くありました。
将来のリーダーとして活躍するためには、最も大きく伸びる30代の時期に多くのことを吸収することが重要です。

クラス回答
部長クラス30代後半
課長クラス30代前半
係長クラス30代前半

出典:労務行政研究所「管理職自身が考えるマネジメントの現状」

チームリーダーへの昇格とともに

個人の成績が高くチームリーダーに抜擢されたばかりの方に多いのが、自ら手を動かすのは得意だが、人を動かすことは初めてというケース。 「名選手、必ずしも名監督にあらず」という名言が示す通り、プレイヤーとして優秀な方が必ずしもうまくリーダーになれるとは限りません。 これまでは指示を受けて手を動かしていたところが、これからは指示を出して人に手を動かさせることへと、役割が逆転します。 労務行政研究所が行った「管理職自身が考えるマネジメントの現状」調査では、「初めて管理職になった時ときに戸惑った部分、 うまく対処できなかったこと」に対する係長クラスからもっとも多い回答は「組織のチームワークを維持し、部下の感情に気を配ること」が、 次いで「自分自身のストレスマネジメント」「部下に指示・命令を与えること」でした。 これらを克服するのに最も重要なのが「自己理解」です。そして、これが必要な方に、業種・業界、肩書きは問いません。

初めて管理職になった時ときに戸惑った部分、うまく対処できなかったこと(複数回答)

出典:労務行政研究所「管理職自身が考えるマネジメントの現状」

ページTOPへ