教育理念 Education Philosophy

教育理念

教育上の理念(建学の精神)

ビジネス・ブレークスルー大学大学院(専門職大学院)は、知的創造を礎に、国際的視野と開拓者精神を持ち、先駆的指導者たらん人格を涵養し、世界社会に貢献するを以って建学の精神とする。

詳細はこちら

人材の養成に関する目的(固有の目的)

ビジネス・ブレークスルー大学大学院(専門職大学院)(以下「本大学院」という。)は、本大学の建学の精神にのっとり、自由闊達で開拓者精神と高い倫理観を備えた知的探求活動を絶え間なく継続することによって常に世界水準の革新的な知の創造を実現する。知の創造とその継承を通じて、高度な専門能力を修得し、世界で活躍できる指導者たる資質を備えた、自ら考え、判断し、自分の責任のもと行動することのできる、世界社会に貢献する人格を養成することを目的とする。

教育研究上の目的

本大学院は、世界中の研究者、経営者、実務家との交流を通じて、ビジネスのアイディアや発想、意見の交換を活性化することのできる21世紀のグローバリズムに相応しい知的共通基盤(プラットフォーム)としての機能をもち、世界水準の革新的な知の創造の実現とその普及に努め、常に世界に開かれたプロフェッショナル・スクールとして、世界社会に貢献することのできる職業人・起業家を養成することを目的とする。

本学の求める人材像

本学の目的を達成するために、学生は本学のカリキュラムを通じて、「マインド・知識・スキル・実践力」の総合的な視点から、次の素養(プロファイル)を修得することを目標とする。

  • 経営学全般に精通し、獲得したスキル・実践力等の能力を駆使して、世界とくにアジアでビジネスを行い、結果を残すことができる。

その構成要素は、次に挙げる7つのプロファイルである。

  • 自ら問題を特定し、その解決方法を判断し、戦略的に行動できる
  • 高い倫理観とインテグリティをもつことができる
  • 高い探究心を持ち、一生涯学び、仲間に伝承できる
  • 起業家精神を有し、新しい事に勇気をもって挑戦することができる
  • 多様性を理解しながら、自省と協創を行うことができる
  • 言語・国籍・価値観の多様なチームにおいて、円滑にコミュニケーションできる
  • グローバルな視点から組織の目指すべきビジョン、ゴールを策定し、リーダーとして牽引することができる

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

■ビジネス・ブレークスルー大学大学院経営学研究科では、以下に示す人材を国内外から広く受け入れる。

  • 建学の精神に基づき、起業家精神を兼ね備え、グローバルリーダーとして世界に貢献することを志す人
  • 本学の建学の精神を支持し、事業を推進するリーダー適性と実務経験を有する人材
  • 本学のオンライン教育方式を積極的に活用する意欲とスキルを備え、グループディスカッションを通じ、経営学を習得すると共に、社会の変革を牽引するに足る人間としての総合的人格(クレディビリティ)を身につけることに意欲を持った人材

■各コースにおいては、次の志を有する人材を広く求めている。

  • 経営管理コースでは、論理思考と実践的な経営を学び、自ら問題解決を図れるトップマネジメント、新しいビジネスを創出できるスキルを身に付けたビジネスパーソンを志す人
  • グローバリゼーションコースでは、英語でビジネスを展開する実践スキルを磨き、海外で仕事をやり抜き、結果を出すことのできる人材を志す人
  • アントレプレナーコースでは、自ら考え、行動を起し、新しい事業の構想・実現することによって、新たな価値観や世界観を創り上げることのできる起業家を志す人

カリキュラム・ポリシー

■本学が策定する目指すべき人材を養成するべく、その能力を修得できるような科目の設置を行う。
多様な背景を持つクラスメイトと自由闊達な議論を交わしながら、皆で事実を積み上げ、本質的問題を発見し、解決策を考え、集団知を高めながらお互いに学んでいく実践的な教育を実施する。

■経営管理コースにおいては、その最終年度に課程にて修得した知識の集大成として卒業研究において事業計画または研究論文を作成する。

■グローバリゼーションコースにおいては、その最終年度に課程にて修得した知識の集大成として卒業実習において英語による事業計画を作成する。

■アントレプレナーコースにおいては、在学期間を通じ、企業のスタートアップの実務を学ぶとともに多くの経営者の謦咳に触れ、自由闊達な議論 を通して自らに合った経営者像を見出してゆく。

ディプロマ・ポリシー

■学位授与の要件は、本大学院が定めた期間在学し、その教育の理念及び目的に基づいて設定したカリキュラムに従った教育を受けて、所定の単位以上を修得し、課程を修了することである。
また各コースにおいて課程修了にあたっては、次の要件を満たす事が必要である。

  • 経営管理コースでは、卒業研究を履修するために所定以上の成績を修め、卒業研究に合格する事
  • グローバリゼーションコースでは、卒業実習を履修するために所定以上の成績を修め、英語で実施する卒業実習に合格する事
  • アントレプレナーコースでは、所定以上の成績を修め、卒業研究に合格する事

■学位授与の判断においては、本大学院が掲げる「輩出すべき人材像(ディプロマ・プロファイル)」を構成するマインド・知識・スキル・実践力 を修得していることが考慮される。
また各コースにおいて、下記の習得も考慮される。

  • 経営管理コースでは、論理思考と実践的な経営知識を兼ね備え、自ら問題を解決する、あるいは、新しいビジネスを創出できるトップマネジメントとしての素養
  • グローバリゼーションコースでは、英語でビジネスを経営し、海外で仕事をやり抜き、結果を出す事ができる素養
  • アントレプレナーコースでは、自ら考え行動し、事業を創業することを通じて、これまでにない価値観や世界観を創り上げる事のできる起業家としての素養。

カリキュラムマップ

本学のカリキュラム全体像です。

BBT大学院のMBA教育のメソドロジー

BBT大学院では以下の4つを特徴とした教育のメソドロジーを採用しています。いずれも先駆的な取組みです。

理論から実践までの一貫した指導

経営理論や経営課題を解決する手法を教えることと、それを使いこなせる実践力を付けることをいかに結び付けるかは、世界中のMBA大学院にとって大きなチャレンジです。すなわち理 論のみならず実践力をいかにして同時に身に付けられるかが重要です。当校では科目ごとに、理論から実践まで一人の講師が一貫して指導を行います。実際の経営経験があり、自ら理論や手法を駆使して結果を出してきた方々を教授として擁し、各科目を担当します。各種の手法についても自ら使った結果として、現実に合わせて改良されたり、全く新規に編み出されています。それらが一貫した思想の元に伝授されるわけです。

実践スキルを体得するための反復練習

実践経験に基づいて学生を導き、実践スキルを獲得させる にあたっては反復練習に勝るものはありません。当校ではその点を重視し、科目の設計に反映させています。代表的なものに、毎週一回(卒業までに100回)の最新の題材(ケース)を提示し、経営課題解決を行うReal Time Online Case Studyがあります(大前研一学長科目)。

オンライン教育でいつでもどこでも受講可能

授業はオンラインが主であり、PCやスマートフォンでいつでも世界中どこでも、またダウンロードすることにより例えば通勤中でも受講できます。学生同士や教授との議論もオンライン(AirCampus®)にてリアル感覚で実施します。オンラインの授業であっても、反復による実践スキル獲得という仕組みが科目の特徴に応じて組み込まれています。

リアルでの科目の複眼による指導

一方で、一部リアルで実施する科目を通じて、最終的な卒業の判定を行います。それらは卒業研究、海外スタディツアー、起業計画策定実習などであり、3つのコース(※後述)によって異なります。これらの特徴は「複眼による」指導です。例えば経 営管理コースの卒業研究では、個別指導を行う担当教授に加えて複数の教授が指導や審査を第三者的な視点で行います。

大学院概要を見る