1. MBAならBBT大学院トップページ
  2. コース・カリキュラム案内
  3. MBA単科(科目等履修生)
  4. 単科科目一覧
  5. 問題解決思考1

問題解決思考1

問題解決に至るプロセス、そしてその思考様式をゼロから体得する

何が本質的な問題かを自ら考え、その解決策をつくり、周囲を巻き込み実行していく問題解決の姿勢とスキルは、どの立場のビジネスパーソンにも求められています。問題解決のためには、必要な事実を集め、理解できるまで分解し、発見できた事実を再び共通項で整理し「要は何が起こっているか」を論理的に導き出すことが不可欠となります。
この科目では、経営の専門知識やロジックの使い方だけではなく、「問題解決」における重要な「考え方」を理解し、学んだことを何度も繰り返し練習することで、日常で使える「問題解決スキル」を身につけます。

出願締切り済み

受講案内

開講 受講
期間
修得
単位数
スクー
リング
言語 対象となる本科コース
4月上旬 10月上旬 約1年間 4単位 なし 日本語 全コース1年次必修

担当講師

受講料

出願締切り済み

2017年12月頃 募集開始予定

360,000

本科入学時の減免制度

入学金
11.5万円減免
単位移行
33.6万円減免

※単位移行分は2年次の授業料より減免されます。

<出願資格や手続きを確認する>

募集要項・入試日程

<不明点の解消やご相談は>

お問合わせはこちら

2017年12月頃 募集開始予定

出願は締切りました

問題解決思考1

特徴・学習内容

科目の特徴

問題解決のプロセス(本質的問題発見・解決策立案・解決策実行)を前に進めるために、基本的かつ非常に重要な"3つの力"を醸成します。

1「論理的思考力」:勘や経験を頼りにするのではなく、自らロジックを立てて考え抜いていく

ビジネスシーンにおいて問題解決に取り組もうとした際、そこに決まりきった答えは存在しません。自ら考え、解決策を導き出していく必要があります。そこで求められるスキルが考える力(論理的思考力)です。

2「分析力」:会社の財務や儲けの仕組み=ビジネスモデルを俯瞰し、本質をつかむ

企業活動の本質を理解するためには、儲けの仕組み(ビジネスモデル)と財務・会計の観点をもって分析することが重要です。

3「人を動かす力」:分析結果をキーパーソンに正しく伝え、理解を得る

ビジネスを円滑に遂行するためには、コミュニケーション力が必要です。目的を明らかにし、受け手を分析した上で、意思決定のための情報を如何に合理的に伝えるかが勝負です。

講義内容

本科目は主に下記講義内容にて、約1年間をかけて学びます。

受講テーマ
論理的思考力の醸成
1 【国語力】
・「考える能力」を伸ばすために、言葉を理解し正しく使えるようにする
2 【 ロジカルシンキング 】
・自分の頭で考え方を組み立て、「答」あるいは「新しい発見」を導く
3 【 論理を越える知的思考 】
・論理だけでは解決のできない幅広い課題解決や発想への糸口を探る
4 【 分析の技術 】
・戦略立案のプロセスについて詳しく学ぶ
5 【 考える力 】
・新しい価値を産み出す思考経路を自身で見出していく
分析力の醸成
6 【 会社を見る眼トレーニング 】
・経営の動きが、財務数値で手に取るようにわかるようにする
7 【 ビジネスモデル思考法 】
・顧客の活動と利益をシンクロさせて、新たなビジネスを生み出す
8 【 ストーリーで読み解く会計の話 】
・いかに易しく会計を理解していくかを、財務諸表を読み解きながら解説
人を動かす力の醸成
9 【 ビジネス・コミュニケーション 】
・問題解決のためのコミュニケーションの基本原則について学ぶ
最終試験

※上記は予定であり変更になる場合があります。

単位認定の条件

下記3点を満たす必要があります。

  1. 1授業への参加(講義の受講)
  2. 2ディスカッション
  3. 3最終試験

問題解決思考1

受講生の声

ビジネスだけでなく生活全般で活用できる

月岡 秀樹さん[ 受講期 2010年 秋期 ]

この科目はどのようなものでしたか?
解決策を考える際に最も大切な本質的問題を発見する方法が理解できる

問題発見思考では、本質的な問題とは何かを理解し、発見するスキルが学べます。本質的な問題発見が大切な理由は、結果を出すためです。一般に問題と言われている多くは本質的問題から生まれている現象に過ぎないのですが、目に付きやすい現象を根本的な問題と見誤り、それを解決することに注力しているため行動しても解決に結びつかない場合が多いと思います。本質的な問題が分かって、解決の方法が考えられる。 この科目では、解決策を考える際に最も大切な本質的問題を発見する方法が理解できます。

受講して学んだことを教えてください。
問題の構造を把握することの大切さ

学んだことはたくさんありますが、一番に挙げるとするならば、問題の構造を把握することの大切さです。構造の把握が大切な理由は、無駄な調査や分析を避けるためです。 情報の量は年々増加していますし、関連がありそうな役に立ちそうな情報をすべて調べていては実務的には時間切れになります。問題の構造を把握することで、何を調べればよいか、意味のない情報は何かが分かるようになるため、無駄な調査や分析を減らし、本質的問題を早く見つけられるようになります。

その中で得られたスキルをどのような場面で活用できていますか?
知識やノウハウではなく考え方

ビジネスだけでなく生活全般で活用できています。ビジネス面では、長年企画の仕事が中心だったのですが、解決の方向性が以前よりクリアに見えるようになったためとても楽になりました。自分や他の方が提案している解決策の方向性は正しいのかダメなのかの判断が容易になりました。 この科目だけではなくBBTで教えていることは、知識やノウハウではなく考え方なので、応用できる範囲はとても広いと思います。

最後に科目について、教えてください。
とても役立つ問題解決の手法が学べる数少ない機会

問題発見思考を身に付けるために必要なことは、何度も繰り返し練習することだと思います。簡単に身に付くものではありませんが、必ずあなたの人生に役に立つものだと思います。サイバークラスですが、クラスメートとのコミュニケーションはしっかり取れますし、自分が疑問に思ったことなども色々な角度から意見をもらえます。とても役立つ問題解決の手法が学べる数少ない機会だと思います。BBTが提供している環境は十分なものがありますが、どこまで自分のものに出来るかは自分次第です。チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

月岡 秀樹さん プロフィール

20代で起業3回(セールス、統計分析、教育)、30代は主に食品小売企業にて業務改革、経営企画、前職はポイントカード企業にてプロモーション関連のプロジェクトに従事

続きを読む

受講料

出願締切り済み

2017年12月頃 募集開始予定

360,000

本科入学時の減免制度

入学金
11.5万円減免
単位移行
33.6万円減免

※単位移行分は2年次の授業料より減免されます。

<出願資格や手続きを確認する>

募集要項・入試日程

<不明点の解消やご相談は>

お問合わせはこちら

2017年12月頃 募集開始予定

出願は締切りました

BBT大学院「単科生」制度の特徴

Point 1

MBA本科生と一緒に質の高い講義を受講できる

本科生と同じ講義を受講するため、質が高いのはもちろん、本科に進学した場合にも、齟齬なく本科の講義に順応することができます。

Point 2

オンラインでいつでもどこでも学習可能

BBT独自の遠隔教育(オンライン学習)で、いつでもどこでも、効率的に隙間時間を利用して学習を進められます。
詳しくはこちら

Point 3

本科に単位を移行可能。入学金・授業料を減免

修得単位は本科に移行が可能で、その分の授業料が減免になり、さらに本科入学金も免除になるため、MBA取得への道を後押しします。

他の科目も見る

コース・カリキュラム案内 / Curriculum
MBA本科 MBA単科(科目等履修生) Non Degree 講座 講師紹介