1. MBAならBBT大学院トップページ
  2. コース・カリキュラム案内
  3. MBA単科(科目等履修生)
  4. 単科科目一覧
  5. スタートアップ期の財務論

スタートアップ期の財務論

スタートアップ企業にあった財務戦略を描き、事業のステージを上げる

スタートアップ企業にとって、資金繰りの失策は即会社の倒産につながります。さらに会社のステージがスタートアップ期から成長期へと変わると、スタートアップ時とはまた異なる資金管理能力が求められます。講義前半は財務三表(BS、PL、CF)と事業計画がどのようにつながっているか、資金繰りの管理、銀行からの資金調達について学びます。講義後半では、自己資本の調達と資本政策、EXIT戦略としての株式上場と事業売却手法、ベンチャーキャピタルとの付き合い方など、実践に即した内容について解説します。

出願締切り済み

受講案内

開講 受講
期間
修得
単位数
スクー
リング
言語 対象となる本科コース
12月上旬 2か月 1単位 なし 日本語 アントレプレナーコース1年次必修

担当講師

受講料

出願締切り済み

2018年6月頃 募集開始予定

84,000

本科入学時の減免制度

入学金
11.5万円減免
単位移行
8.4万円減免

※単位移行分は2年次の授業料より減免されます。

<出願資格や手続きを確認する>

募集要項・入試日程

<不明点の解消やご相談は>

お問合わせはこちら

2018年6月頃 募集開始予定

出願は締切りました

スタートアップ期の財務論

特徴・学習内容

科目の特徴

1起業に特化した会計と財務の講義

資金繰り表の作り方、融資の受け方、資本金の調達の仕方など、会計と財務の知識を、実務面に必要とされる要素として実践的に学んでゆきます。

2実践的な学習

本講座の履修後には、起業家として、あるいはスタートアップ企業の 財務担当者として、習得した知識を実務で使えることを目標とします。
 

講義内容

本科目は主に下記講義内容にて、約2か月間をかけて学びます。

受講テーマ
1 会社の業績分析
2 資金繰りの重要性
3 ビジネスプラン作成のポイント
4 資金繰り表作成のポイント
5 資金調達の方法と注意点
6 銀行融資の受け方
7 資本政策の基礎
8 資本政策の実務
9 EXIT戦略としてのIPO
10 EXIT戦略としてのM&A
11 バリュエーションの基礎
12 バリュエーションの実務
最終試験

※上記は予定であり変更になる場合があります。

単位認定の条件

下記3点を満たす必要があります。

  1. 1講義の受講
  2. 2ディスカッションへの参加
  3. 3最終試験を提出し、合格すること

受講料

出願締切り済み

2018年6月頃 募集開始予定

84,000

本科入学時の減免制度

入学金
11.5万円減免
単位移行
8.4万円減免

※単位移行分は2年次の授業料より減免されます。

<出願資格や手続きを確認する>

募集要項・入試日程

<不明点の解消やご相談は>

お問合わせはこちら

2018年6月頃 募集開始予定

出願は締切りました

BBT大学院「単科生」制度の特徴

Point 1

MBA本科生と一緒に質の高い講義を受講できる

本科生と同じ講義を受講するため、質が高いのはもちろん、本科に進学した場合にも、齟齬なく本科の講義に順応することができます。

Point 2

オンラインでいつでもどこでも学習可能

BBT独自の遠隔教育(オンライン学習)で、いつでもどこでも、効率的に隙間時間を利用して学習を進められます。
詳しくはこちら

Point 3

本科に単位を移行可能。入学金・授業料を減免

修得単位は本科に移行が可能で、その分の授業料が減免になり、さらに本科入学金も免除になるため、MBA取得への道を後押しします。

他の科目も見る

コース・カリキュラム案内 / Curriculum
MBA本科 MBA単科(科目等履修生) Non Degree 講座 講師紹介