1. MBAならBBT大学院トップページ
  2. コース・カリキュラム案内
  3. MBA単科(科目等履修生)
  4. 単科科目一覧
  5. スタートアップ企業の実務

スタートアップ企業の実務

専門家をアサインできるだけのバックオフィス業務全般の知識を習得する

起業直後の会社は事業の推進に注力せざるを得ず、会計・法務・労務などのバックオフィス業務にコミットできる時間が限られてきます。
本科目は、経営者として最低限知っておくべき会計・法務・労務の知識を網羅的に学びます。必要に応じて各分野の専門家に的確な依頼ができ、自身が安心して事業に邁進するための体制作りができるようにすることを目的とします。

◆前半6回は会計編:
公認会計士として活躍する実務家講師が、財務数値の見方、日常の経理処理とソフトウェアの活用、税金の仕組みと日々の対応、内部統制の仕組み作りについて解説します。

◆後半の6回は法務・労務編:
企業法務の第一線で活躍する弁護士を講師が、会社法上の機関設計、株主間契約、事業活動に関連する契約の取り扱い、組織運営と労務リスク管理について解説します。

出願締切り済み

受講案内

開講 受講
期間
修得
単位数
スクー
リング
言語 対象となる本科コース
10月上旬 2か月 1単位 なし 日本語 アントレプレナーコース2年次選択

担当講師

受講料

出願締切り済み

2017年12月頃 募集開始予定

84,000

本科入学時の減免制度

入学金
11.5万円減免
単位移行
0万円減免

※単位移行分が減免対象になるのは、入学される本科コースで必修科目もしくは選択必修科目の場合のみです。2年次授業料より減免されます。

<出願資格や手続きを確認する>

募集要項・入試日程

<不明点の解消やご相談は>

お問合わせはこちら

2017年12月頃 募集開始予定

出願は締切りました

スタートアップ企業の実務

特徴・学習内容

科目の特徴

スタートアップ企業のトップの在り方を学ぶ

スタートアップ期とはいえ、トップがやるべきことは多岐に渡ります。すべての詳細を知り、やることは得策ではありません。したがって、本講義ではスタートアップ期の経営者として会計、法務、労務の実務を構築、管理していくための基礎知識、考え方を習得していきます。

講義内容

本科目は主に下記講義内容にて、約2か月間をかけて学びます。

受講テーマ
1 スタートアップ時の会計実務
2 経営者の財務数値の見方
3 経営者が見る財務数値をどう準備するか?
4 日常の経理処理の方法
5 税金の仕組みと日々の対応方法
6 不正の種類と内部統制の仕組み作り
7 スタートアップ時の法律実務の概要から事業主体・機関設計の検討
8 共同創業者間で合意しておくべきこと・投資を受けるにあたって
9 投資契約と種類株式の発行
10 基本的な契約の種類と注意点、企業間・対需要者の契約のポイント
11 労働法の基礎知識
12 職場トラブルへの対応実務
最終試験
単位認定の条件

下記3点を満たす必要があります。

  1. 1講義の受講
  2. 2クラスディスカッションへの参加
  3. 3最終試験を提出し、合格すること

受講料

出願締切り済み

2017年12月頃 募集開始予定

84,000

本科入学時の減免制度

入学金
11.5万円減免
単位移行
0万円減免

※単位移行分が減免対象になるのは、入学される本科コースで必修科目もしくは選択必修科目の場合のみです。2年次授業料より減免されます。

<出願資格や手続きを確認する>

募集要項・入試日程

<不明点の解消やご相談は>

お問合わせはこちら

2017年12月頃 募集開始予定

出願は締切りました

BBT大学院「単科生」制度の特徴

Point 1

MBA本科生と一緒に質の高い講義を受講できる

本科生と同じ講義を受講するため、質が高いのはもちろん、本科に進学した場合にも、齟齬なく本科の講義に順応することができます。

Point 2

オンラインでいつでもどこでも学習可能

BBT独自の遠隔教育(オンライン学習)で、いつでもどこでも、効率的に隙間時間を利用して学習を進められます。
詳しくはこちら

Point 3

本科に単位を移行可能。入学金・授業料を減免

修得単位は本科に移行が可能で、その分の授業料が減免※になり、さらに本科入学金も免除になるため、MBA取得への道を後押しします。 ※一部科目除く

他の科目も見る

コース・カリキュラム案内 / Curriculum
MBA本科 MBA単科(科目等履修生) Certificateプログラム Non Degree 講座 講師紹介