ビジネス・ブレークスルー大学大学院(以下、BBT大学院)では、加速するデジタル化に対応するための必要な学びを提供するデジタル系科目群を拡充してきました。
この度、2021年春に新しい科目「アフターデジタル時代のUXデザインとグロース戦略論」を開設するとともに、「DXマネジメント人材養成講座」を開設いたします。マネジメントに必要なデジタル・トランスフォーメーション(DX)の経営戦略やマーケティング、人事戦略などの知識を深めていただく科目選択制のパッケージ講座です。

デジタルビジネスを支える人材育成のための全方位的な科目群の設置


ビジネス・ブレークスルー大学大学院
経営管理専攻 研究科長 今枝 昌宏

ビジネスのデジタル化は必ず生じる必然的な未来です。そのため、デジタル化について対応するかしないかの判断は既に無意味であり、どのように対応するかという判断が求められています。デジタル化は、先に行った方が決定的に優位に立てるゲームでもあり、デジタル化への対応の先延ばしは、企業にとって致命傷となりかねません。デジタル化は、マネジメントが取り組むべき最優先の課題なのです。

デジタルを使ったビジネス変革、いわゆるデジタルトランスフォーメーション(DX)に関する教育には、技術視点のものが多く存在していますが、BBT大学院では主にビジネス視点、特にマネジメント視点からデジタル化を扱う科目群を数多く開講し、将来のデジタル化された事業環境や事業の中で活躍できる人材を養成しています。

DXの中心をなすのは、顧客をはじめとする企業外部に向けたデジタル技術の適用とともに、膨大なデータを駆使した自社及び産業のバリューチェーンの高度化であり、この点が社内の業務プロセスのデジタル化としての従来のITの在り方と大きく異なっています。

BBT大学院はデジタルによる競争優位の獲得を目指すデジタルを駆使した競争戦略とデジタルマーケティング、デジタルサービスの構築と成長のための方法論、データ解析、デジタル化による組織人事面の変化など、デジタルビジネスを支える人材育成のための全方位的な科目群を用意し、デジタル化のための多様なニーズに応えています。

 

DX科目群のご紹介

デジタル時代の経営原理(募集終了)
デジタル化された世界における提供価値の変化、シェアリングなどのモノの使用のためのプラットフォームの出現、バリューチェーン機能のモジュール化、競争優位パターンの変化、プラットフォームの持つダイナミズムとその崩壊パターン、産業構造変化などを概観することにより、デジタル化による一般的戦略への追加ないし修正を学習して、既存企業のデジタルトランスフォーメーションやディスラプター企業の立上げを企画する能力を身に着けることを目的とします。

デジタル時代の人事戦略論(11月開講)
デジタルやエマージングテクノロジーを梃にした新たなビジネスモデル創出や企業内でイノベーションを起こす際に必須となる、デジタル時代に即した新たなデジタルタレントマネジメント手法、組織風土変革や組織設計を講師による概論と先進企業のゲストスピーカーによる事例紹介を組み合わせて進めます。

デジタルマーケティング(募集終了)
講義内容やクラス内で共有される実例をもとに、討議を通じて実践のための要諦を身に付け、自らがデジタルマーケティング活動を推進できる、もしくは企業に対して提言できるレベルでの応用力を身につけることを目的とします。

アフターデジタル時代のUXデザインとグロース戦略論(募集終了)
UXの意味とUXデザインに必要な発想・方法について学習した上で、デジタル時代の競争原理を考察し、「データをUXに還元する」ことで事業を成長させる「UXグロース業務」に取り組む能力を身に着けることを目的とします。

ビジネスデータ分析Ⅰ(データ活用基礎)(10月開講)
様々なシーンで蓄積されるビジネスデータを活用するために必要となる主なデータ分析手法について学習します。また、データがビッグデータ化した際の分析のポイントについても学習します。その際、データを分析しながら学習することで手法の理解や応用方法を考える力を養うことを目指し、統計解析・データ分析に特化したプログラミング言語である「R言語」についても学習します。
※本講義は、R・Rstudioを用いた講義となっております。ソフトウェアの画面を反映しながら、講義を進めていきます。お持ちのPCにインストールができない場合も履修は可能ですが、インストールできた方が受講された方が学習効果の面で望ましいと考えています。

ビジネスデータ分析Ⅱ(戦略・戦術への応用)(12月開講)
様々なシーンで蓄積されるビジネスデータを活用するために必要となる主なデータ分析手法について学習します。また、データがビッグデータ化した際の分析のポイントについても学習します。その際、データを分析しながら学習することで手法の理解や応用方法を考える力を養うことを目指し、統計解析・データ分析に特化したプログラミング言語である「R言語」についても学習します。Rの使いかたは、ビジネスデータ分析Ⅰにて学習していることを前提にしていますので、Rを初めて学習する人は、ビジネスデータ分析Ⅰを受講の上、本講を受講すること。

 

単科受講お申し込み方法

DX科目群に属する各科目は、BBT大学院で単科受講が可能です。
出願はこちらから進めていただけます。(本ページ下部の募集要項をお読みの上、進めていただくようお願いいたします。)

単科受講のメリット

◯MBA本科生と一緒に受講できる
本科生と同じ講義を同じ形で受講し、さらに本科生と共にディスカッションを行います。本科への入学を志す方々が、まず単科生としては学びをスタートするケースもあります。

◯本科入学時に取得単位を移行できる
移行単位分(1単位×84,000円)を2年次の授業料より減免いたします。ただし、本学入学時に単位移行できる上限は15単位までです。
(注:単位移行が可能な科目は、本科入学時に履修可能な科目であることが条件です)

◯本科入学時に入学金も一部免除される
本科に入学する際には入学金から115,000円が減免されます。(入学金315,000円が200,000円に減免されます)

 

DXマネジメント人材養成講座のご紹介

BBT大学院が提供するデジタル系科目群6科目の内、プログラム期間中(1年間)に3科目以上の単位を取得した場合、「DXマネジメント人材養成講座修了証」を発行いたします。
本講座の特徴は以下の通りです。
・ DX推進に必要なマネジメントスキルを網羅的に習得可能
・ 最新のデジタルビジネスやDXを熟知した実務家教員陣が担当
・ BBT大学院MBA本科生とともに学ぶ「他流試合形式」によるレベルの高いディスカッション

〇 本講座はこのような人にお勧めです
- DXに対応するための経営戦略、マーケティング、人事戦略の最新スキルを身につけたい方
- デジタル時代のビジネストレンドを理解したい方
- デジタル時代に必要なデータの取り扱い方を理解したい方

〇 修了要件
プログラム期間中(1年)に以下6科目のうち3科目以上の単位を取得すること(単科生として受講)
- デジタル時代の経営原理
- デジタルマーケティング
- アフターデジタル時代のUXデザインとグロース戦略論
- デジタル時代の人事戦略論
- ビジネスデータ分析Ⅰ
- ビジネスデータ分析Ⅱ

〇 受講料
252,000円(非課税)。3科目まで自由に履修可能。4科目目以降の履修を希望する場合は、1科目あたり84,000円(非課税)がかかります。

〇 特典
受講期間中は、BBTが保有するビジネス映像コンテンツライブラリ「エアサーチ」が閲覧可能です。7,000時間以上の「知のコンテンツ」から学びを深めていただくことが出来ます。

 

募集要項

出願に必要な手続き、スケジュール等をご確認いただけます。