MBAならBBT大学院トップページ > 説明会・イベント情報 > イベント情報 > 企業統合の大変さと可能性の先、今後の戦略展望

イベント情報

2019/01/11(金)開催 企業統合の大変さと可能性の先、今後の戦略展望

セミナー概要

 「Intrapreneur Development Program(IDP)-社内起業家養成プログラム」は、企業の中で既に蓄積されている知見や技術等の資産を利用し、周囲の人を巻き込みながら新しい価値を提案できる人材の育成を目的としています。受講者には、プログラム期間中に新規事業を立ち上げることにも挑戦いただき、2017年春・秋、2018年春ともに受講者の企業では、実際に新会社の設立や新しい事業への取り組みが開始されるなどの実績もあります。

 今回の「起業家×教授セミナー」では、「経営/事業統合の可能性」をテーマに、1975年に有機農業普及のNGO「大地を守る会」設立に参画後、1977年に大地を守る会の流通部門としてソーシャルビジネスのさきがけとなる「株式会社大地」(現・株式会社大地を守る会)設立、2017年に株式会社オイシックスと経営統合後、現オイシックス・ラ・大地株式会社 会長となられた藤田和芳氏をゲスト講師に迎えます。

 藤田氏の講演後は、ボストンコンサルティンググループでコンサルタントとして活躍後、上場企業の取締役を経験し、アジア・アフリカ・インベストメント&コンサルティングを設立したBBT大学大学院教授の椿進氏が講演内容を深堀りするとともに、参加者から講師への質疑応答を交えての対談セッションを行います。その後、参加者間の交流会も実施します。企業内の新規事業の担当者の方や、これから独立し新規事業の立ち上げを考えている方、社内を活性化させたい経営者の方をはじめとするビジネスパーソンにご参加いただければと思います。

進行イメージ

14:20~14:30 IDP-社内起業家養成プログラム説明

 

14:30~15:15 講演「企業統合の大変さと可能性の先、今後の戦略展望(仮)」 講師:藤田和芳 氏

 

15:15~15:30 参加者振返り、ディスカッション

 

15:40~17:00 講演者対談

 

17:00~17:30 交流会

 

登壇者プロフィール

藤田 和芳 氏(オイシックス・ラ・大地株式会社 会長)
1947年岩手県生まれ。出版社勤務を経て、1975年に有機農業普及のNGO「大地を守る会」設立に参画。1977年には、ソーシャルビジネス(社会的企業)のさきがけとなる「株式会社大地」(後に株式会社大地を守る会に社名変更)を設立。
有機農業運動をはじめ、食糧、環境、エネルギー、教育などの諸問題に対しても積極的な活動を展開している。2017年10月よりオイシックスと大地を守る会が経営統合して生まれたオイシックスドット大地株式会社(当時)会長に就任し、現職に至る。

 
 
 

椿 進 教授(IDP社内起業家育成プログラム担当教授/BBT大学院 経営管理専攻教授アントレプレナーコース長)
(株)ボストンコンサルティンググループ(BCG)、パートナー・マネージングダイレクターとして、ハイテク、情報通信、インターネット、メディア・コンテンツ分野において、事業戦略、M&A戦略、新事業立ち上げ、グローバリゼーション等のプロジェクトを実施。2006年より上場会社代表取締役社長に就任。(株)タカラトミー、(株)竜の子プロダクション、(株)アトラス 等 などの社外取締役を歴任。2008年にパンアジアパートナー創業(現アジア・アフリカ・インベストメント&コンサルティング(AAIC)社)。代表取締役社長/代表パートナー就任。

 
 
 

参加資格(必ずご確認ください)

※お申込み時に参加理由をお伺いし、以下のお悩みをお持ちの企業を優先する審査をさせていただきます。参加理由によってはご参加をお断りする場合がございます。予めご了承いただきますようお願いいたします。

  • 社員数が50名を超え、1つの事業以外にも取り組める環境になってきた
  • 本業の売り上げが安定してきた今、新たな事業を立ち上げたい
  • 後継者/次世代の経営層を、起業家精神を持ちどんな環境でも対応できる人材に育てたい
  • これまで外部の専門家に依頼したが、なかなか軌道に乗る新規事業ができていない

基本情報

開催日 2019/01/11(金) 14:20~17:30
参加定員 50名様
参加費 無料
会場 東京・六番町 六番町セミナールーム(東京都千代田区六番町1-7 Ohmae@workビル 地下1階) 地図はこちら