アジアビジネスで成果を出す人材を育成する
「GLP-グローバルビジネスリーダー育成プログラム-Asia Round-」
2019年1月より新規開講

 
11/1(木)開講記念セミナー開催決定! 詳細はこちら

 


 

大前研一が著書“TRIAD POWER”でグローバルビジネスの三大戦略地域として日・米・欧をあげてから30年以上が経ちました。その後、グローバル経済におけるアジアの存在感は極めて大きくなりましたが、多くの日本企業は未だアジアのビジネスチャンスを活かしきれていません。
 グローバル環境下のマネジメントのキーワードとして“Think Globally, Act Locally”がよく言われますが、その両方の視点・能力を持つ人材は非常に少なく、それが企業のグローバル化における阻害要因の一つとなっています。 また世界的なビジネスの環境変化に伴い、現地のリーダーに求められる能力や役割も近年大きく変化してきました。
 本プログラムは、“ビジネス実務家によるMBA”を開学時から提供してきたBBT大学院が培ってきた知と経験と人材を結集した、『アジアビジネスのマネジャーとして実際のビジネスで結果を出すことができる人材』の育成に焦点をあてた9か月のプログラムです。
 

◆プログラム概要

 

プログラムの目的 アジアビジネスのマネジャーとして実際のビジネスにおいて成果を出すことができるグローバルリーダーの育成
対象者 将来的に、海外現地法人責任者・国際部門責任者等アジアビジネスのリーダーとしての活躍が期待されている人材



  

7つのアプローチ

 

MBAの基礎的なフレーム
ワークを英語で使いこなす訓練
MBAのフレームワークは知っているだけでは価値はありません。英語でアウトプットする訓練を行い、実践で使える能力を養います。
アジアビジネスのケース
メソッドを英語で実践
アジアビジネスを題材としたケーススタディを英語で行い、アジアビジネスで使える実践的な能力を身に付けます。
アジア市場の知識やビジネスノウハウを先達から学ぶ 学術理論や本からは得られないアジアビジネスのリアルを実際のマネジメント経験者から学び、アジアビジネスのKFSを理解します。
スタディツアーによる
現地市場体験
急速に発展・変化しているアジアの経済・人材・社会を、実際に現地に訪問して体感し、日本では得られないinsightを得ます。
受講者間の
ネットワーキングと他流試合
グループワークやケーススタディ、スタディツアーなどを通して交流と議論を行い、業界・職種を越えてお互いを高めあう良質な人的ネットワークを構築します。
個人のニーズに合わせた
プログラムをテーラーメード
Elective Subjectを組み合わせることにより、参加者個別のニーズ(MBA知識、自社課題解決等)に合わせた学習プランが作成できます。
個別カウンセリングの提供 自社課題に関する相談や英語学習での悩みなどの個人的な相談についても、BBT大学院の教員が個別にカウンセリングします。



 


 

◆講師陣の紹介
 
【講師プロフィール】
大前 研一学長 ビジネス・ブレークスルー大学 学長
大前学長1943年福岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセツ工科大学(MIT)大学院原子力工学科で博士号を取得。日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年に経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社後、本社ディレクター、日本支社長、常務会メンバー、アジア太平洋地区会長を歴任し、1994年に退社。以後も世界の大企業、国家レベルのアドバイザーとして活躍するかたわら、グローバルな視点と大胆な発想による活発な提言を続けている。
 
 
 
 
 
門永 宗之助 教授 BBT大学院 副学長・経営学研究科長
門永副学長千代田化工建設株式会社を経て1986年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。1992年に同社パートナー、1999年にシニア・パートナー。ヘルスケアグループのアジア地域の責任者などを歴任、2009年6月同社退職。2009年3月まで東京大学 工学系研究科 技術経営戦略専攻 臨時講師を務めた。現在は、Intrinsics代表、花王株式会社取締役会議長、株式会社ビジネス・ブレークスルー取締役、株式会社三井住友銀行社外取締役、文部科学省 国立研究開発法人審議会会長なども務める。
 
 
 
 
 
張 秋華 教授 ビジネス・ブレークスルー大学 教授
張教授中国上海出身。大阪大学経済学部を首席で卒業、豪州ボンド大学経営学修士取得。
来日留学後日本シティンバンクに入社し、個人金融本部でファイナンシャル・アドバイザーを務める。在日華僑に向けた金融サービスを提供する「CitiChinese」を創設し、営業責任者を務める。2002年から2009年までHSBCグループ 香港上海銀行 中国業務推進室室長を務め、日本企業の中国ビジネスにおけるグロスボーダー資金調達、キャッシュマネジメント、M&Aなど幅広く担当。2011年から2016年まで慶応ビジネススクール特別招聘教授を務める。現在は藤森工業株式会社社外取締役、NPO中国金融研究会理事などを務める。母国語中国語と上海語の他、英語、日本語、フランス語に堪能。
 
 
 
Nigel Denscombe教授 ビジネス・ブレークスルー大学 教授
NigelCEO, Denscombe Corporation, 国際大学大学院国際経営学研究科特別招聘教授、名古屋商科大学商学部教授・大学院マネジメント研究科教授、早稲田大学大学院 商学研究科非常勤講師・”Japan New Market Entry” ビジネスプランメンター。グローバル企業の管理職/企業オーナーとビジネス教育者としての2つの顔を持つ新しいタイプの実務家。2001年にビジネスと教育を結ぶ架け橋として東京及びニューヨークを拠点とするDenscombe Corporationを設立。企業やビジネス・スクール等に戦略コンサルティングやビジネス教育ソリューションを提供する。ハーバード大学及び大学院を卒業後(MBA)、バンカーズ・トラストで投資に携わり、バンク・オブ・アメリカで企業金融および資本市場担当のマネージング・ディレクターを務める。
 
 
 
椿 進 教授 BBT大学院 経営管理専攻教授アントレプレナーコース長
椿教授Asia Africa Investments and Consulting(AAIC)代表パートナー。ボストンコンサルティンググループ(BCG)、パートナー・マネージングダイレクターとして、ハイテク、情報通信、インターネット、メディア・コンテンツ分野において、事業戦略、M&A戦略、新事業立ち上げ、グローバリゼーション等のプロジェクトを実施。95年-96年にはサンフランシスコオフィス勤務。2006年より上場会社代表取締役社長に就任。(株)タカラトミー、(株)竜の子プロダクション、(株)アトラスなどの社外取締役を歴任。2008年にパンアジアパートナー創業(現アジア・アフリカ・インベストメント&コンサルティング(AAIC)社)。代表取締役社長/代表パートナー就任。中国・東南アジア・インド・中東・アフリカなどの新興国において、新規事業育成、市場参入支援、M&Aおよびパートナー探索支援、事業転換支援など、コンサルティングと投資を通じて実施。日本初の民間アフリカ専用のファンドを組成・運営。
 
 
青野 仲達 教授 BBT大学院 経営管理専攻教授MBA in Globalization コース長
青野教授早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、ハーバード大学経営大学院にて経営学修士(MBA)を取得。アメリカン・エキスプレスを経て、1999年に米国ボストンでオンライン英会話の草分けとなったイングリッシュタウンの創業に参画し、2001年に代表取締役として日本支社を設立。2004年に株式会社GABA(Gabaマンツーマン英会話)を設立、2006年に代表取締役として東証マザーズに上場。現在はブルーフィールド株式会社代表取締役として、企業の英語研修支援に携わる。著書に『ハーバード式英語学習法』(秀和システム)、『プロフェッショナル イングリッシュ』(共著、東洋経済新報社)、『5行エッセイ英語学習帳』(コスモピア)などがある。
 
 
 
◆募集要項
 

求める人材

以下のポジションで将来的に活躍が期待される人材
・海外現地法人責任者
・国際部門責任者
そのほか、アジアでの新規ビジネス開拓に興味がある方もご応募いただけます。
 

募集人員

20名/期
 

開講

2019年1月開講
 

受講期間

9か月間
 

受講料

300万円(消費税別)/1名
 ※ Study Tour 航空券・ホテル代含む(BBTで一括手配)
 

お問合せ

ビジネス・ブレークスルー大学大学院
 GLP担当(秋元・北・山本)
 E-mail:globalmba@ohmae.ac.jp
 TEL:03-5860-5531(平日9:30~17:30)