大武 健一郎

ビジネス・ブレークスルー大学大学院 客員教授
ベトナム簿記普及推進協議会 理事長
元国税庁長官

プロフィール

1946年生まれ、東京都出身。東京大学卒。70年旧大蔵省入省。大阪国税局長や財務省主税局長を歴任、2005年国税庁長官で退官。商工中金副理事長を経て、 2008年4月より「ベトナム簿記普及推進協議会」を立ち上げ、理事長としてベトナムで日本語と複式簿記の普及に努める。2008年7月より2012年7月まで大塚ホールディングス株式会社代表取締役副会長も務めた。
35年間勤務のうち20年間を税に携わる。税制の企画立案と税務行政の両方を担当したという点で、他には例をみない税の専門家。
日米租税条約を32年ぶりに全面改正したアメリカとのタフなネゴはあまりにも有名。これにより配当や利子、特許の使用料が原則として相互に免税となり、知的財産の開発に拍車がかかるだけでなく、研究開発に対して恒久減税を実施したこととあわせ、欧米の対日投資がふえる効果があった 。また、この条約が、その後の先進国との租税条約のモデル条約となった。なお、税理士法についても21年ぶりの改正を担当した。

書籍

  • 「平和のプロ」日本は「戦争のプロ」ベトナムに学べ

  • 日本経済を救う税金の話をはじめよう

  • 大変!―その原因と対応

  • データで示す日本の大転換

メディア露出・講演歴

メディア出演・取材など広報窓口

メディアへの出演などの依頼は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

メディア出演を問い合わせる

企業研修・セミナーの実施

企業研修や講演などへの教員派遣を実施しています。
教員の専門分野に関する講義のみならず、教員のオンライン講義や他の教員/コンテンツと組み合わせたプランニングも可能です。

教員派遣に関して問い合わせる