【特別セミナー】DX時代の経営戦略 ~デジタル技術による競争優位性向上を実例とともに学ぶ~
  • 2021 / 07 / 30 (金)
  • 19:00~20:30
  • なし
  • 無料
  • オンライン
  • COVID-19感染拡大により多くの企業においてデジタル化・DXが進行したといわれてますが、その多くが社員のワークスタイル社内基幹システム更新であったり、社員のワークスタイル変革といった競争優位とは関係のない施策となっているのが現実で、新市場の創造や競争優位の向上のための施策は極めてまれであるというのが現実です。

    BBT大学院では、Withコロナ・Postコロナ時代の事業成長に必須となるDX推進とデジタルビジネス創出に貢献するために、『DX時代の経営戦略』 セミナーを開催します。

    講師は、BBT大学院経営学研究科長で経営戦略とデジタルビジネスの専門家である今枝昌宏教授です。デジタル技術による競争優位向上とはどのようなものなのか、実例を踏まえて解説します。

    所属企業においてDX推進や新規事業開発を求められている方、Withコロナ・Postコロナ時代をチャンスと捉えて起業を考えている方、デジタル時代の経営戦略を理解しデジタル人材としての価値を高めたい方にとってとても学びになるセミナーとなります。

    皆さまのご参加をお待ちしております。

    登壇者紹介

    今枝 昌宏 研究科長

    京都大学大学院、米国Emory University(MBA)を修了。PwCコンサルティング、日本アイ・ビー・エム、RHJインターナショナル(旧リップルウッドホールディングス)を経て、エミネンスLLC代表パートナー。ビジネス・ブレークスルー大学院では、教授として「現代版企業参謀」を担当。著書に『ビジネスモデルの教科書』『サービスの経営学』、共著に『実践シナリオ・プランニング』、訳書に『戦略立案ハンドブック』(すべて東洋経済新報社)などがある。

【特別セミナー】あなたの事業計画は社長を動かせますか?BBT流 事業計画の作り方!※説明会・無料カウンセリング参加者限定イベント
  • 2021 / 07 / 08 (木)
  • 19:00~20:30
  • なし
  • 無料
  • オンライン
  • ※説明会・無料カウンセリング参加者限定イベント※

    もしあなたが会社にお勤めの方なら、あなたは経営陣を動かすような事業計画を作ることができますか?
    もしあなたが起業を考えている方なら、ベンチャー・キャピタルから出資してもらえるような事業計画を作ることができますか?

    COVID-19やDXによる社会・業界・顧客の変化により、会社の経営陣や企画部門が決めた事業計画を担当者として粛々と遂行する、また自社の過去の成功体験や他社の成功事例を模倣する、だけではビジネスでの成功は見込めなくなっています。

    これからの時代は、役職や職種問わず社員全員が経営者視点で事業を作ることができる高い視座とスピード感のある企業が益々優位になっていくでしょう。一方で、経営者視点でビジネスを考えることができない、分析と評価ばかりで自身で事業を作ることができない、といったビジネスパーソンはどんどん淘汰されていくことでしょう。

    BBT大学院は「実践的なカリキュラム」と「一流ビジネスパーソンの講師陣」を特徴としており、その集大成として「実際のビジネスを想定した事業計画の策定」を課題とする『卒業研究』をMBA課程の最終課題として設けています。

    本説明会では、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長であり、ビジネス・ブレークスルー大学院教授として卒業研究の指導をしている柴田巌教授が、BBT大学院の卒業研究の特徴、学習目的やプロセス、また卒業研究のテーマをもとに実際に事業化した修了生の事例紹介など、BBT大学院の卒業研究で学べる事、習得できる能力などについて説明いたします。

    他のMBAスクールにはない実践的事業計画に焦点を当てたBBTの『卒業研究』。
    新規事業に興味のある方、管理職になり事業計画の策定が必要になった方、経営企画への異動を目指している方、起業を考えている方は、是非一度ご参加ください!

    登壇者紹介

    柴田 巌 教授

    京都大学大学院、英国London School of Economics & Political Science (MSc)、米国Northwestern University (MBA)を修了。Andersen Consulting、Booz Allen & Hamilton、(株)大前・アンド・アソシエーツ等を経て、1998年5月、インターネット事業を手がける㈱エブリデイ・ドット・コムを設立。その後、(株)エブリデイ・ドット・コム代表取締役、オレンジライフ㈱代表取締役、㈱旬工房代表取締役等を歴任。
    現在、(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長、ビジネス・ブレークスルー大学大学院教授、2017年6月より事務総長に就任。青葉ジャパン・インターナショナルスクール理事長、サマーヒル・インターナショナルスクール理事長、アオバ・ジャパンバイリンガルプリスクール理事長。ビジネス・ブレークスルー大学院では、教授として「卒業研究」を担当。

【体験ワークショップ】BBT大学院独自のケーススタディ「RTOCS」を体験しませんか?※説明会参加・カウンセリング参加・資料請求者のみ対象
  • 2021 / 06 / 22 (火)
  • 19:00~21:00
  • 15名
  • 無料
  • オンライン
  • BBT大学院では実在の企業を毎週題材としたRTOCS(Real Time Online Case Study)に取り組みます。

    「あなたがXXXX株式会社の社長ならどうする?」という課題に対して、
    その企業の本質的課題を分析・発見して戦略の打ち手までを考えることで、経営者に必要な「構想力」や「問題解決能力」を身につけていきます。

    今回は、最近のRTOCSで取り上げたケースを使って、BBT大学院の学びのエッセンスを体験いただきます。

    ※グループワークがありますので、Zoomでの顔出しで参加できる方に限定させていただきます。(15名様まで)
    ※当日のキャンセルは他の参加者にご迷惑がかかりますので、必ず参加できる方のみお申し込みください。
    ※説明会参加・カウンセリング参加・資料請求者のみ対象

    登壇者について

    吉田和正(よしだ かずまさ)さん

    自動車メーカー勤務
    大学で精密工学を学んだ後、部品メーカーでの設計業務を経て現職。グローバルな競争環境における日本企業の将来に危機感を覚え、自分自身により付加価値をつける必要性を感じたことからリカレント教育を実践。現在は中国(北京)に駐在し、技術企画の仕事に携わる。

     
    【BBTでの受講歴】
     2009年大前研一イノベーション講座修了、
     2015年BBT大学大学院卒業
     2017年LAP(リーダーシップアクションプログラム)修了。
     2017年よりBBT大学大学院のTA(Teaching Assistant)
     

【セミナー+座談会】デジタル時代の働き方、生き方 ※説明会参加者・資料請求申込者限定イベント
  • 2021 / 06 / 09 (水)
  • 19:00〜20:00
  • 7名
  • 無料
  • オンライン
  • ※説明会参加者・資料請求申込者限定イベント!!※

    BBT大学院では、加速するデジタル化に対応するための必要な学びを提供するデジタル系科目群を拡充しています。
    今回は、その中の1科目である「デジタル時代の経営原理」を担当する今枝教授による特別セミナーを開催します!

    当日は今枝教授が下記テーマを中心に考察を述べます。

    – デジタル化によって産業の在り方が大きく変化する中、人々の働き方はどのように変化するのか?
    – その中における成功者の選択肢は、どのようなものか?
    – 今までの日本企業におけるキャリア形成スタイルを続けることのリスクは何か?
    – 次の3年間に考えるべきことは何か?それがその後の人生に与えるインパクトは何か?
    – 参加者からの質問への回答

    60分のセミナーに加え、その後30分間の座談会(任意参加)も行います!
    みなさんの今後のキャリアにもお役に立てる内容です。
    ぜひお申し込みください!

    登壇者紹介

    今枝 昌宏 研究科長

    京都大学大学院、米国Emory University(MBA)を修了。PwCコンサルティング、日本アイ・ビー・エム、RHJインターナショナル(旧リップルウッドホールディングス)を経て、エミネンスLLC代表パートナー。ビジネス・ブレークスルー大学院では、教授として「現代版企業参謀」を担当。著書に『ビジネスモデルの教科書』『サービスの経営学』、共著に『実践シナリオ・プランニング』、訳書に『戦略立案ハンドブック』(すべて東洋経済新報社)などがある。

【セミナー+座談会】ポストコロナ時代に必要な人材とは ※説明会参加者・資料請求申込者限定イベント
  • 2021 / 06 / 06 (日)
  • 10:00~11:30
  • 7名
  • 無料
  • オンライン
  • ※説明会参加者・資料請求申込者限定イベント!!※

    「ポストコロナ時代に必要な人材とは」というテーマで特別セミナー+座談会を開催します!

    COVID-19が世界的に流行し始めて早1年経ちました。
    昨年の今頃は「しばらく経てば元に暮らしに戻れる」と考えていた方が多かったのではないでしょうか?

    実際には第四波が到来し、まだまだコロナ禍から抜け出せそうにはありません。
    しかしながら我々はポストコロナを見据えてパラダイムシフトに対応していかなければなりません。

    これからのWith/Postコロナ社会を一緒に考えてみませんか?

    当日は本学の教授で国際バカロレア(IB)一貫校アオバジャパン・インターナショナルスクールの理事長でもある柴田巌が下記テーマを中心に考察を述べます。

    -COVID-19が世界・日本の社会、産業、経営にもたらした意味合いは何か?
    -With/Postコロナ社会は、企業の経営の観点から、また個人の人生・キャリア形成の観点から従来と何が異なるのか?
    -コロナ禍が浮き彫りにしたリーダーシップやガバナンスにおける課題とチャンスは何か?
    -次の3年間の生き方が、次の30年の人生に与えるインパクトや差異は何か?
    -Postコロナ時代に求められる素養とは何か?

    ※GW中に実施したセミナーと同内容です。

    みなさんの今後のキャリアにもお役に立てる内容です。
    ぜひお申し込みください!

    登壇者紹介

    柴田 巌 教授

    京都大学大学院、英国London School of Economics & Political Science (MSc)、米国Northwestern University (MBA)を修了。Andersen Consulting、Booz Allen & Hamilton、(株)大前・アンド・アソシエーツ等を経て、1998年5月、インターネット事業を手がける㈱エブリデイ・ドット・コムを設立。その後、(株)エブリデイ・ドット・コム代表取締役、オレンジライフ㈱代表取締役、㈱旬工房代表取締役等を歴任。
    現在、(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長、ビジネス・ブレークスルー大学大学院教授、2017年6月より事務総長に就任。青葉ジャパン・インターナショナルスクール理事長、サマーヒル・インターナショナルスクール理事長、アオバ・ジャパンバイリンガルプリスクール理事長。ビジネス・ブレークスルー大学院では、教授として「卒業研究」を担当。

BBT大学院 産業研究シリーズ ~第1回 地方銀行~
  • 2021 / 05 / 19 (水)
  • 19:00~20:30
  • 50名
  • 無料
  • 今枝昌宏教授(BBT大学 経営学研究科 研究科長)
  • COVID-19の感染拡大やデジタル化などの急激な環境変化により、市場や業界、産業構造・ビジネスモデルは大きな変革の時期を迎えており、これまで安定・堅実と考えられていた企業や業界が逆境に晒される状況が現実のものとなってきました。

    そこでBBT大学院では、特定の産業・業界を取り上げ、BBT大学院教授陣及びBBT大学のシンクタンクであるBBT大学総合研究所による調査・分析結果をもとに、参加者と一緒に産業・業界の現状と将来を考察する『BBT大学院 産業研究シリーズ』を開始します。

    第1回は『地方銀行』を取り上げます。地方銀行は統合・合併による再編の動きが進む一方で収益性の悪化が顕在化した課題となっており、従来の事業内容・ビジネスモデルだけでは収益の改善及び経営の安定は見込めないことが予想されます。

    当日は業界の根源的・本質的な課題は何なのか、各社の向かっている方向性は適当なのか、また収益性改善・本質的課題解決のためにとれる戦略的オプションはどのようなものがあるのか、について考察していきます。

    登壇者紹介

    今枝昌宏 教授(経営学研究科研究科長)

    京都大学大学院、米国Emory University(MBA)を修了。PwCコンサルティング、日本アイ・ビー・エム、RHJインターナショナル(旧リップルウッドホールディングス)を経て、エミネンスLLC代表パートナー。ビジネス・ブレークスルー大学院では、教授として「現代版企業参謀」を担当。著書に『ビジネスモデルの教科書』『サービスの経営学』、共著に『実践シナリオ・プランニング』、訳書に『戦略立案ハンドブック』(すべて東洋経済新報社)などがある。

【GW特別説明会】あなたの事業計画は社長を動かせますか?BBT流 事業計画の作り方!
  • 2021 / 05 / 08 (土)
  • 10:00~11:30
  • なし
  • 無料
  • オンライン
  • もしあなたが会社にお勤めの方なら、あなたは経営陣を動かすような事業計画を作ることができますか?
    もしあなたが起業を考えている方なら、ベンチャー・キャピタルから出資してもらえるような事業計画を作ることができますか?

    COVID-19やDXによる社会・業界・顧客の変化により、会社の経営陣や企画部門が決めた事業計画を担当者として粛々と遂行する、また自社の過去の成功体験や他社の成功事例を模倣する、だけではビジネスでの成功は見込めなくなっています。

    これからの時代は、役職や職種問わず社員全員が経営者視点で事業を作ることができる高い視座とスピード感のある企業が益々優位になっていくでしょう。一方で、経営者視点でビジネスを考えることができない、分析と評価ばかりで自身で事業を作ることができない、といったビジネスパーソンはどんどん淘汰されていくことでしょう。

    BBT大学院は「実践的なカリキュラム」と「一流ビジネスパーソンの講師陣」を特徴としており、その集大成として「実際のビジネスを想定した事業計画の策定」を課題とする『卒業研究』をMBA課程の最終課題として設けています。

    本説明会では、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長であり、ビジネス・ブレークスルー大学院教授として卒業研究の指導をしている柴田巌教授が、BBT大学院の卒業研究の特徴、学習目的やプロセス、また卒業研究のテーマをもとに実際に事業化した修了生の事例紹介など、BBT大学院の卒業研究で学べる事、習得できる能力などについて説明いたします。

    他のMBAスクールにはない実践的事業計画に焦点を当てたBBTの『卒業研究』。
    新規事業に興味のある方、管理職になり事業計画の策定が必要になった方、経営企画への異動を目指している方、起業を考えている方は、是非一度ご参加ください!

    登壇者紹介

    柴田 巌 教授

    京都大学大学院、英国London School of Economics & Political Science (MSc)、米国Northwestern University (MBA)を修了。Andersen Consulting、Booz Allen & Hamilton、(株)大前・アンド・アソシエーツ等を経て、1998年5月、インターネット事業を手がける㈱エブリデイ・ドット・コムを設立。その後、(株)エブリデイ・ドット・コム代表取締役、オレンジライフ㈱代表取締役、㈱旬工房代表取締役等を歴任。
    現在、(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長、ビジネス・ブレークスルー大学大学院教授、2017年6月より事務総長に就任。青葉ジャパン・インターナショナルスクール理事長、サマーヒル・インターナショナルスクール理事長、アオバ・ジャパンバイリンガルプリスクール理事長。ビジネス・ブレークスルー大学院では、教授として「卒業研究」を担当。

MBAよろず相談会
  • 2021 / 05 / 05 (水)
  • 13:00~19:00
  • なし
  • 無料
  • オンライン
  • GW特別企画!

    BBT大学院ではGW期間中、「MBAよろず相談会」を実施します!

    今MBAまたはBBT大学院を検討しているみなさん!
    このような疑問や思いを抱いていませんか?

    – MBAでどんな力が身につくのかいまひとつ分からない
    – 自分のキャリアに本当にMBAが必要なのか聞いてみたい
    – BBT大学院がどのようなMBAなのか教えてほしい
    – 仕事や家庭と両立できるか不安
    – どんな人がMBAに通っているのか知りたい

    そんな様々なご質問に、毎年50名以上の在校生の学習相談に乗り、また自身でもMBAを取得した教務部長の北がお答えします!
    ぜひお気軽にお申し込みください。

    担当者紹介

    北 憲祐(きたけんすけ)

    ビジネス・ブレークスルー大学大学院教務部 部長
    関西学院大学商学部卒業。リーズ大学MBA修了。大手損害保険会社の営業、大阪の私立大学のオープンイノベーション推進担当を経て2016年に㈱ビジネス・ブレークスルーに入社。ビジネス・ブレークスルー大学大学院及びBOND University-BBT Global Leadership MBA Programのカリキュラム開発、受講生の学習及び学生生活支援、学校経営・ガバナンス等の業務に従事。

【GW特別授業】ポストコロナ時代に必要な人材とは ※どなたでも参加OK
  • 2021 / 05 / 05 (水)
  • 10:00~11:30
  • なし
  • 無料
  • オンライン
  • GW特別企画!

    「ポストコロナ時代に必要な人材とは」というテーマで特別授業を開催します!

    COVID-19が世界的に流行し始めて早1年経ちました。
    昨年の今頃は「しばらく経てば元に暮らしに戻れる」と考えていた方が多かったのではないでしょうか?

    実際には第四波が到来し、まだまだコロナ禍から抜け出せそうにはありません。
    しかしながら我々はポストコロナを見据えてパラダイムシフトに対応していかなければなりません。

    GW中、のんびり過ごすのも良いですが、これからのWith/Postコロナ社会を一緒に考えてみませんか?

    当日は本学の教授で国際バカロレア(IB)一貫校アオバジャパン・インターナショナルスクールの理事長でもある柴田巌が下記テーマを中心に考察を述べます。

    -COVID-19が世界・日本の社会、産業、経営にもたらした意味合いは何か?
    -With/Postコロナ社会は、企業の経営の観点から、また個人の人生・キャリア形成の観点から従来と何が異なるのか?
    -コロナ禍が浮き彫りにしたリーダーシップやガバナンスにおける課題とチャンスは何か?
    -次の3年間の生き方が、次の30年の人生に与えるインパクトや差異は何か?
    -Postコロナ時代に求められる素養とは何か?

    ※5/1(土)とは異なるイベントです。どなたでも参加OKです。
    ※説明会参加済み、または資料請求済みの方は5/1(土)実施回にご参加ください。

    みなさんの今後のキャリアにもお役に立てる内容です。
    ぜひお申し込みください!

    登壇者紹介

    柴田 巌 教授

    京都大学大学院、英国London School of Economics & Political Science (MSc)、米国Northwestern University (MBA)を修了。Andersen Consulting、Booz Allen & Hamilton、(株)大前・アンド・アソシエーツ等を経て、1998年5月、インターネット事業を手がける㈱エブリデイ・ドット・コムを設立。その後、(株)エブリデイ・ドット・コム代表取締役、オレンジライフ㈱代表取締役、㈱旬工房代表取締役等を歴任。
    現在、(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長、ビジネス・ブレークスルー大学大学院教授、2017年6月より事務総長に就任。青葉ジャパン・インターナショナルスクール理事長、サマーヒル・インターナショナルスクール理事長、アオバ・ジャパンバイリンガルプリスクール理事長。ビジネス・ブレークスルー大学院では、教授として「卒業研究」を担当。

【GW特別セミナー】あなたの視座を一気に経営者へ!BBT名物ケーススタディで東宝を分析してみよう
  • 2021 / 05 / 03 (月)
  • 18:00~19:30
  • 先着50名
  • 無料
  • オンライン
  • 【GW特別企画第三弾】

    あなたは経営者の視点でビジネスを考えたことがありますか?

    BBT大学院の学生たちは、毎週実在の企業を題材としたオリジナルケーススタディ”RTOCS(Real Time Online Case Study)”に取り組んでいます。

    「あなたがXXXX株式会社の社長ならどうする?」という課題に対して、
    その企業の本質的課題を分析・発見して戦略の打ち手までを考えることで、経営者に必要な「構想力」や「問題解決能力」を身につけていきます。

    今回は最近のRTOCSで取り上げた東宝を分析します。
    コロナ禍で客足が遠のいてしまっている映画事業、ソーシャルディスタンスを保つために満員にできない演劇事業。
    あなたが東宝の社長ならどう戦略を立てますか?

    登壇者紹介

    柴田 巌 教授

    京都大学大学院、英国London School of Economics & Political Science (MSc)、米国Northwestern University (MBA)を修了。Andersen Consulting、Booz Allen & Hamilton、(株)大前・アンド・アソシエーツ等を経て、1998年5月、インターネット事業を手がける㈱エブリデイ・ドット・コムを設立。その後、(株)エブリデイ・ドット・コム代表取締役、オレンジライフ㈱代表取締役、㈱旬工房代表取締役等を歴任。
    現在、(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長、ビジネス・ブレークスルー大学大学院教授、2017年6月より事務総長に就任。青葉ジャパン・インターナショナルスクール理事長、サマーヒル・インターナショナルスクール理事長、アオバ・ジャパンバイリンガルプリスクール理事長。ビジネス・ブレークスルー大学院では、教授として「卒業研究」を担当。

MBAよろず相談会
  • 2021 / 05 / 01 (土)
  • 13:00~19:00
  • なし
  • 無料
  • オンライン
  • GW特別企画!

    BBT大学院ではGW期間中、「MBAよろず相談会」を実施します!

    今MBAまたはBBT大学院を検討しているみなさん!
    このような疑問や思いを抱いていませんか?

    – MBAでどんな力が身につくのかいまひとつ分からない
    – 自分のキャリアに本当にMBAが必要なのか聞いてみたい
    – BBT大学院がどのようなMBAなのか教えてほしい
    – 仕事や家庭と両立できるか不安
    – どんな人がMBAに通っているのか知りたい

    そんな様々なご質問に、毎年50名以上の在校生の学習相談に乗り、また自身でもMBAを取得した教務部長の北がお答えします!
    ぜひお気軽にお申し込みください。

    担当者紹介

    北 憲祐(きたけんすけ)

    ビジネス・ブレークスルー大学大学院教務部 部長
    関西学院大学商学部卒業。リーズ大学MBA修了。大手損害保険会社の営業、大阪の私立大学のオープンイノベーション推進担当を経て2016年に㈱ビジネス・ブレークスルーに入社。ビジネス・ブレークスルー大学大学院及びBOND University-BBT Global Leadership MBA Programのカリキュラム開発、受講生の学習及び学生生活支援、学校経営・ガバナンス等の業務に従事。

【GW特別授業】ポストコロナ時代に必要な人材とは ※説明会・資料請求申込者限定イベント
  • 2021 / 05 / 01 (土)
  • 10:00~11:30
  • なし
  • 無料
  • オンライン
  • GW特別企画第一弾!

    「ポストコロナ時代に必要な人材とは」というテーマで特別授業を開催します!

    COVID-19が世界的に流行し始めて早1年経ちました。
    昨年の今頃は「しばらく経てば元に暮らしに戻れる」と考えていた方が多かったのではないでしょうか?

    実際には第四波が到来し、まだまだコロナ禍から抜け出せそうにはありません。
    しかしながら我々はポストコロナを見据えてパラダイムシフトに対応していかなければなりません。

    GW中、のんびり過ごすのも良いですが、これからのWith/Postコロナ社会を一緒に考えてみませんか?

    当日は本学の教授で国際バカロレア(IB)一貫校アオバジャパン・インターナショナルスクールの理事長でもある柴田巌が下記テーマを中心に考察を述べます。

    -COVID-19が世界・日本の社会、産業、経営にもたらした意味合いは何か?
    -With/Postコロナ社会は、企業の経営の観点から、また個人の人生・キャリア形成の観点から従来と何が異なるのか?
    -コロナ禍が浮き彫りにしたリーダーシップやガバナンスにおける課題とチャンスは何か?
    -次の3年間の生き方が、次の30年の人生に与えるインパクトや差異は何か?
    -Postコロナ時代に求められる素養とは何か?

    ※説明会・資料請求申込者限定イベントです。

    みなさんの今後のキャリアにもお役に立てる内容です。
    ぜひお申し込みください!

    登壇者紹介

    柴田 巌 教授

    京都大学大学院、英国London School of Economics & Political Science (MSc)、米国Northwestern University (MBA)を修了。Andersen Consulting、Booz Allen & Hamilton、(株)大前・アンド・アソシエーツ等を経て、1998年5月、インターネット事業を手がける㈱エブリデイ・ドット・コムを設立。その後、(株)エブリデイ・ドット・コム代表取締役、オレンジライフ㈱代表取締役、㈱旬工房代表取締役等を歴任。
    現在、(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長、ビジネス・ブレークスルー大学大学院教授、2017年6月より事務総長に就任。青葉ジャパン・インターナショナルスクール理事長、サマーヒル・インターナショナルスクール理事長、アオバ・ジャパンバイリンガルプリスクール理事長。ビジネス・ブレークスルー大学院では、教授として「卒業研究」を担当。

【修了生対談企画】企業の経営企画に生かせるMBAの学びとは
  • 2021 / 04 / 28 (水)
  • 19:00~20:30
  • なし
  • 無料
  • MBAと聞くと「起業」を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、在籍企業で学びを生かして活躍する人の方が実際は多いのです。
    今回は、BBT大学院修了後に経営企画のポジションに異動して活躍している修了生2人に登壇してもらい、BBTでの学びがどのように経営企画に生かされているかを対談形式で話してもらいます。
    こんな方におススメの企画です!

    ・MBAを業務やキャリアにどう生かせるのかが分からない
    ・起業や転職は考えていないが、経営に携われるポジションに異動したい
    ・先の見えない時代に自分の市場価値を高めてくれる何かが欲しい
    ・今後のキャリアが見えなくてもやもやする
    ・時間に余裕のあるうちに何かを学んでみたい

    登壇者について

    石倉康寛(いしくら やすひろ)さん
    大手日用品トイレタリー企業に新卒入社から15年間勤務。化学の研究員として
    仕事をしながら2014年にBBT大学院を修了し、その後は研究戦略企画を経て、
    現在は社長室に所属(マネジャー)。中期経営計画の策定や外部連携、DX戦略
    策定などに従事。

    佐岡聖二(さおか せいじ)さん 
    立命館大学卒業後、外資系医療メーカーに入社し、営業担当としてそれぞれ5年間、整形外科分野、外科分野を担当。その後社員教育担当として、USで1年間、日本で2年間担当。その後Marketing Managerとして2年間、Marketing Senior managerとして1年間、Business developmentと事業部戦略に携わる。

【U-35集まれ!】若手社員向け 入学説明会(修了生体験談付き)
  • 2021 / 04 / 26 (月)
  • 19:00~20:30
  • なし
  • 無料
  • BBT大学院では20~60代の方が在籍しています。
    様々なバックグラウンドを持った学生同士がディスカッションを繰り広げ、年代を越えて相互に学び合っています。

    今回は、20代~30代前半の若手社員のみなさんを対象とした入学説明会を開催することといたしました。
    最初の60分でBBT大学院についての説明を行い、後半30分では20代でBBT大学院に入学した修了生の体験談&質疑応答の時間を設けます!

    こんな思いを抱いている方にオススメの説明会です!
    ・MBAに興味はあるが周囲で取得している人がおらずロールモデルを知りたい
    ・MBAを業務やキャリアにどう生かせるのかが分からない
    ・先の見えない時代に自分の市場価値を高めてくれる何かが欲しい
    ・今後のキャリアが見えなくてもやもやする
    ・時間に余裕のあるうちに何かを学んでみたい

    「U-35」と銘打っていますが、もちろんそれ以上の年齢の方もご参加OKです!
    お気軽にお申し込みください^^

    修了生紹介

    眞野 あずさ(まの あずさ)

    1990年生まれ。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒。
    新卒で日本GE株式会社入社。その後、大手外資系医薬・医療機器メーカーに転職し現在に至る。
    癌のオペに立ち会う経験をもとに、『なぜ人は癌になるのだろう』と疑問をもち、健康と環境問題の課題解決に興味をもつ。自身でできることは何かを考え、課題解決のための持続可能なビジネスとして実践したいと思い、2018年、28歳の時にBBT大学大学院に入学。2020年10月、経営管理修士取得。
    ナチュラルフード・コーディネーター。ドイツIOB認定オーガニック専門家。国家資格キャリアコンサルタント。

【人事/研修担当者向け】DXのキャッチアップすべきトレンドと組織人財戦略のあるべき姿
  • 2021 / 03 / 31 (水)
  • 10:00~11:30
  • なし
  • 無料
  • オンライン
  • 経営層・リーダークラスでDX推進をマネジメントする方や
    デジタル化するビジネスを支える人材を育成する人事部門を対象にしたオンラインセミナーです。

    デジタルトランスフォーメーション(DX)という言葉を聞かない日が無い昨今。
    DXとは何か?
    従来の情報システムと何が違っているのか?
    定義や共通認識をしないままDX推進を動き出さなければならない組織が多いと聞きます。

    本オンラインセミナーでは、
    DXの概観を紹介するとともに、そこで必要とされる組織・人財要素はどのようなものであるのか、をわかりやすく解説します。
    DXに関するセミナーや教育は、技術的な要素のものが多く見られます。

    本オンラインセミナーでは、HRテックの内容ではなく、
    ビジネスやマネジメントの視点から、デジタル化の中で会社全体がどのように変化していくのか、
    そして、その中で企業の経営層やリーダー、デジタル化するビジネスを支える人材を育成する人事部門が、
    何をしていかなければならないかをお伝えいたします。

    貴社のDX推進にお役立ていただけいただければ幸いです。

    登壇者について

    今枝昌宏 教授

    エミネンスLLC 代表パートナー
    ビジネス・ブレークスルー大学大学院
    経営管理専攻 研究科長
    京都大学大学院法学研究科、エモリー大学ビジネススクールMBA課程修了。PwCコンサルティング、日本アイ・ビー・エム、RHJインターナショナル(旧リップルウッドホールディングス)を経て現職。

【公務員×MBA体験談】BBTでの学びを地方創生・地域振興に活かすには?
  • 2021 / 03 / 06 (土)
  • 19:00~20:30
  • なし
  • 無料
  • オンライン
  • MBAというと、起業をしたい人が学んでいる場所、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、BBT大学院の修了生・在学生には現役公務員の方も珍しくありません。事務職の方も技術職の方も、国や自治体をより良いものにしたいという熱意を持ってBBTで学んでいます。

    民間企業も公共機関もひとつの「組織」です。その組織を運営していくために必要となるスキル、例えば財務会計やマネジメント、戦略等は共通しています。さらに、課題を解決するために問題解決能力を磨いていかなければならない点も同じでしょう。

    今回はBBT在学中に現役の公務員だった2人の修了生に登壇していただき、BBTでの学びをどう業務に生かしていたかを語っていただきます。ファシリテーターはBBT大学院の柴田教授が務めます。現在公務員の方はもちろん、民間企業でお勤めの方もぜひご参加ください!

    登壇者について

    上里 幸秀(うえさと ゆきひで)さん

    大学を卒業後、地元の経済発展に貢献したいと思い県庁に就職。専門は森林・ 林業であったが沖縄県の自立的発展を推進するため企画開発部に異動して、人材の育成に携わる。BBTの学びにより行政における民間視点の産業振興施策を提案。しかし行政組織の限界を感じ早期退職。現在人材育成のコンサルタントを務めるとともに森林林業に関する県と民間との橋渡し役としてのプラットフォームづくりに務めている。
    2008年 ビジネス・ブレークスルー大学大学院入学、2010年修了。

     

    佐藤 力(さとう りき)さん

    大学を卒業後、生まれ育った街に貢献したいと思い地元自治体に就職し、広報課で自治体ブランディング等に従事。BBTでの学びを通して、地元自治体や我が国の将来に対する危機感を強く抱き、公務員を辞め、選挙に出馬。現在は、地方議員として自治体の発展に尽力。2015年 ビジネス・ブレークスルー大学大学院入学、2018年修了。

     

     

    柴田 巌 教授

    京都大学大学院、英国London School of Economics & Political Science (MSc)、米国Northwestern University (MBA)を修了。Andersen Consulting、Booz Allen & Hamilton、(株)大前・アンド・アソシエーツ等を経て、1998年5月、インターネット事業を手がける㈱エブリデイ・ドット・コムを設立。その後、(株)エブリデイ・ドット・コム代表取締役、オレンジライフ㈱代表取締役、㈱旬工房代表取締役等を歴任。
    現在、(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長、ビジネス・ブレークスルー大学大学院教授、2017年6月より事務総長に就任。青葉ジャパン・インターナショナルスクール理事長、サマーヒル・インターナショナルスクール理事長、アオバ・ジャパンバイリンガルプリスクール理事長。ビジネス・ブレークスルー大学院では、教授として「卒業研究」を担当。

DX成功事例に学ぶ!組織文化を変える本質的なDX戦略とは?
  • 2020 / 11 / 25 (水)
  • 19:00~20:30
  • 特になし
  • 無料
  • BBT大学院研究科長 今枝 昌宏
  • DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉をメディアで見ない日は無いくらい、DXがトレンドになっています。

    しかし、DXとは何か、DXがもたらす価値は何か、ということについては、皆さんはどれくらい理解されているでしょうか?
    ペーパーレスや脱ハンコ文化、がDXだと思っている人もいるのではないでしょうか。

    今回のセミナーでは、「デジタル戦略の教科書」(中央経済社)を出版したビジネス・ブレークスルー大学大学院研究科長の今枝昌宏教授に登壇いただき、DXの定義やDXによる企業戦略の変容などについて解説していただきます。

    そして特別対談として、株式会社北國銀行マーケティング部の方をゲストに迎え、DXを実際に推進するときの課題や導入による効果を実例に基づいてディスカッションをしていただきます。

    これからDXを推進予定企業の担当者様や、DXに取り組んているが期待通りの効果が出ていない企業の担当者様にとって、とても参考になる内容です。
    また、DXについて深く学びたい方々にとっても、オススメのセミナーですので、ぜひみなさまご参加くださいませ!

    当日プログラム

    • BBT大学院 研究科長 今枝昌宏教授 「デジタル戦略の教科書」出版記念特別講義
    • 特別対談:DX事例紹介 株式会社北國銀行マーケティング部菊澤様・福田様(予定)
    • Q&Aセッション
    • BBT大学院紹介


    登壇者紹介

    今枝 昌宏 氏

    京都大学大学院、米国Emory University(MBA)を修了。PwCコンサルティング、日本アイ・ビー・エム、RHJインターナショナル(旧リップルウッドホールディングス)を経て、エミネンスLLC代表パートナー。ビジネス・ブレークスルー大学院では、教授として「現代版企業参謀」を担当。著書に『ビジネスモデルの教科書』『サービスの経営学』、共著に『実践シナリオ・プランニング』、訳書に『戦略立案ハンドブック』(すべて東洋経済新報社)などがある。


    ゲスト:北國銀行より
    菊澤 智彦(執行役員 マーケティング部長)
    福田 雅之(マーケティング部資産運用課長)

【特別対談】コロナ時代にどう向き合うべきか~自分軸を定めよう~
  • 2020 / 11 / 18 (水)
  • 19:00~20:00
  • 先着100名様
  • 無料
  • 篠田真貴子 取締役(エール株式会社)/柴田巌社長(株式会社ビジネス・ブレークスルー)
  • オンライン
  • 新型コロナウイルスによって、産業構造や生活様式が大きく変化して、先行きの不透明性感が増しています。
    今まで自分が信じていた価値観が揺らいだり、生活環境が大きく変わって将来への不安が大きくなっている人が増えているのではないでしょうか。

    このような時代を私たちはどう捉えるべきなのでしょうか。そして、どのように向き合っていけばいいのでしょうか。

    エール株式会社の取締役を務める篠田真貴子氏と、株式会社ビジネス・ブレークスルーの代表取締役社長を務める柴田巌氏が、自らの体験や信念を織り交ぜながら、この時代にどういうことを考えるべきなのかを語り合います。

    変わるものがあっても、変わらないものもある。ブレない自分軸を作るにはどうすればいいのか。
    参加者の皆さまが、自分のミッションやビジョンについて考え直すきっかけにしていただければ幸いです。

    ▼こんな方におすすめ▼
    ・新型コロナにより直接的なマイナスの影響を受け、精神的に落ち込んでいたり追い込まれている状況で、なかなか前向きな気持ちになれない
    ・直接的な影響は受けていないが、将来に対しての不安や危機感が高まっていて、何か行動を起こさなければと思いつつ、何をすればいいか分からない
    ・これからの自分のキャリアを考える上での「自分軸」を見つけたい

    (※参加&アンケート回答頂いた方に大前学長のニュース解説動画2時間分を特典としてお送りします!)


    登壇者プロフィール

    篠田 真貴子 氏
    慶應義塾大学経済学部卒業。米ジョンズ・ホプキンス大国際関係論修士、ペンシルバニア大ウォートン校MBA
    大学卒業後、日本長期信用銀行(現:新生銀行)に入社。その後、マッキンゼー・アンド・カンパニーにて、製薬業界、消費財業界などの経営コンサルティングに従事する。ノバルティスファーマに転じ、人事部を経てニュートリション事業部にて、経営企画統括部長として経営計画、経営企画、SOX対応などを統括。
    2007年、事業部がグローバルにネスレに売却されたことに伴いネスレ日本へ移籍、オペレーションの統合を指揮した。2008年に、ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を運営するほぼ日(旧・東京糸井重里事務所)に入社、同年 12 月から 2018 年 11 月まで同社取締役CFO。1年間のジョブレス期間を経て2020年3月エール株式会社の取締役に就任。「ALLIANCE アライアンス —— 人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用」監訳。


    登壇者プロフィール

    柴田 巌 氏
    京都大学大学院、英国London School of Economics & Political Science (MSc)、米国Northwestern University (MBA)を修了。Andersen Consulting、Booz Allen & Hamilton、(株)大前・アンド・アソシエーツ等を経て、1998年5月、インターネット事業を手がける㈱エブリデイ・ドット・コムを設立。その後、(株)エブリデイ・ドット・コム代表取締役、オレンジライフ㈱代表取締役、㈱旬工房代表取締役等を歴任。

    現在、(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長、ビジネス・ブレークスルー大学大学院教授、2017年6月より事務総長に就任。青葉ジャパン・インターナショナルスクール理事長、サマーヒル・インターナショナルスクール理事長、アオバ・ジャパンバイリンガルプリスクール理事長。ビジネス・ブレークスルー大学院では、教授として「卒業研究」を担当。

【修了生体験談】5年在籍で見えたBBT大学院の魅力とは
  • 2020 / 11 / 11 (水)
  • 19:00~20:00
  • 先着7名様
  • 無料
  • 川池豊氏(BBT大学院修了生)
  • オンライン
  • 「無理難題を言われる業務のほうが圧倒的に楽しいと感じるようになった」
    「MBAは科学。カリスマ性がなくても、人や組織は動いてくれるとわかった」
    「キャリアパスのオプションが10倍になった」
    「人生で最高の自己投資だった」

    これらは、BBT大学院の修了生の方が思わず口にしたホンネの数々です。

    時間もお金も投資する覚悟を決めて踏み出した一歩が導き出したこれらの言葉は、いったいどのような学びの過程から生まれたものなのでしょうか。

    ・ビジネスパーソンとして、これまでとは違うステージに立ちたい
    ・日々の業務でよりパフォーマンスをあげたい
    ・とにかく、とことん学び直したい

    など、あなたが日頃抱えている想いを実現させるヒントや

    ・どのような人が学んでいるのか?
    ・なぜMBなのか?
    ・BBT大学院は他とどう違うのか?
    ・働きながら学ぶことが本当に出来るのか?
    ・BBT大学院で学んだことがどう活きているか?

    といった、検討にあたって疑問や不安に思っていることの解消など

    MBAを持ったご自身をぜひ想像するきっかけにしていただければと思います。

    今回の修了生体験談では、この2020年秋にBBT大学院を修了したばかりの方にご登壇いただき
    「入学に至った経緯」「在学中のエピソード」「卒業してこれからどうするのか」などを中心に
    最近まで学んでいたBBT大学院での体験の“ホンネ”をお話いたします!

    今回ご登壇いただく川池さんは、なんと最長の5年間在籍した後修了しました。
    長期在籍だからこそ感じた、BBT大学院の学びの特徴や魅力、日々実践しながら学ぶということについてお話いただきます。

    (※参加&アンケート回答頂いた方に大前学長のニュース解説動画2時間分を特典としてお送りします!)

    ※本セミナーはWebセミナーとなります。Zoomにて実施となりますので、スマートフォン・タブレット・PCなどインターネットに接続できる環境をご用意ください。

    登壇者について

    川池 豊氏(かわいけゆたか)

    BBT大学大学院 経営学研究科 経営管理専攻 修士課程 を今秋修了したばかりです。5年間の在籍期限をフルに使って、自分のペースで学びを続けてきました。在籍中は、公私ともに様々な出来事がありましたが、BBTで得た多くの学びや仲間との出会いが、困難を乗り越えてゆく原動力になったと言えます。
    現在は、外資系化学メーカーの日本法人で、マネジメント職に就いていますが、これから更に活動フィールドを拡げてゆきたいと考えてるところです。

     

    当日のスケジュール

    • BBT大学院の概要(10-15分)
    • 川池さん修了生体験談(20-30分)
    • 質疑応答(15分)

     

    対象者

    いずれかに該当する方

    • MBAで学んでみたいという思いがある方
VUCA時代を生き抜く力を身に着けよう!修了生がBBT独自のケーススタディの真髄を語る
  • 2020 / 10 / 15 (木)
  • 19:00-20:30
  • 無料
  • 近年、グローバリゼーション、AI・IoTの技術発展、超高齢化社会といったさまざまな要因が複雑に絡み合い、世界中に大きな変革を起こしています。
    加え、気候変動、COVID-19の大流行も合わさり、時代はまさにVUCA時代といわれています。

    ※VUCA・・・「Volatility(変動性)」「Uncertainty(不確実性)」「Complexity(複雑性)」「Ambiguity(曖昧性)」の4つのワードの頭文字を取った造語

    そんな激変の時代に、「自分の頭で考える」「戦略を立てる」「答えを出す」能力が必要になります。
    BBTでは、現在進行形の経営課題をケースとして取り上げ、ケーススタディを行ないます。これを毎週繰り返します
    その名も、「Real Time Online Case Study」(以下、RTOCS)

    本イベントでは、BBT大学院を終了された修了生の体験談を伺うとともに、RTOCSからどのようなスキルを身につけることが出来るのか、詳細に解説していただきます!
    実際に、どのような思考過程で現在進行系の経営課題に対し、
    考えを進めて、最終的に打ち手の考案まで至るのでしょうか?

    BBT大学院で学ばれる際のイメージ作りにも、ぜひご活用ください。

    ▼こんな方におすすめ▼
    ・日々ビジネス書、学習系アプリ、ニュースなどで学びはあるものの、実践に活きていない
    ・外部環境が変化しているなか、自身も抜本的に成長したい
    ・BBT大学院のRTOCSについて、具体的に知りたい

    (※参加&アンケート回答頂いた方に大前学長のニュース解説動画2時間分を特典としてお送りします!)

    登壇者について


    町田 正英
    オイシックス・ラ・大地株式会社
    コーポレートコミュニケーション部
    プロデューサー
    2015年9月卒 / 経営管理専攻