日本的異文化マネジメント

本科目では、理論と実践の両軸からのアプローチすることで、異文化マネジメントの全体像を理解し、かつ個別の現場で実践に役立てること、を目指します。全体で大きく3部にわかれます。

1部では、比較経営として、日本的マネジメントとは何かという概論から始まり、その社会環境から発展形態、および欧米社会環境との比較、などについて学びます。

2部では、理論編として、異文化マネジメントを見る際のフレームワークについて学びます。

3部では、実践編(プラクティス)として、海外で起こっている実践事例を通して機能別に異文化の影響について学びます。

また本科目は、主に英語文献を徹底的に読み込むことが求められます。これにより日本的異文化マネジメントを構築するベースとします。また講義だけでは理解できない詳細な点を、読み込みや討議によって補足することで、さらなる理解を深めていきます。

科目概要

受講可能年次 1〜2年次
必修/選択

選択

修得単位数 1 単位
受講条件
使用言語 日本語
スクーリング なし
単位修得条件

1.講義の受講
2.ディスカッションへの参加
3.最終試験

その他・備考・注意点

学習内容

1 日本的異文化マネジメント概要
2 I.日本的マネジメント:その特徴と視点
3 I.日本的マネジメント:社会背景とその歴史
4 II.異文化マネジメント:Hofstede, GLOBE
5 II.異文化マネジメント:欧米地域の社会文化
6 II.異文化マネジメント:アジア/その他の社会文化
7 II.異文化マネジメント:Trompenaars
8 III.コンテクスト:戦略
9 III.コンテクスト:構造/文化
10 III. コンテクスト:人事レベル
11 III. コンテクスト:リーダーシップ
12 全体の振り返りと今後の展望

受講上の注意・備考など

※開講内容は変更となる可能性があります。

単科受講について

当科目は単科生制度による受講も可能です。

出願期間 2021年06月07日 ~ 2021年10月06日
開講予定日 2021年11月5日

(受講期間 2ヵ月間)

単科受講料 84,000円(非課税)
本科生入学時メリット 科目を修了された場合、入学金11.5万円減免、授業料8.4万円減免 ※授業料は2年次の授業料から減免されます。
MBA単科出願期限: 2021年10月06日 単科募集要項を見る この科目の単科に出願する

企業研修について

当科目を用いて企業研修を実施しています。
企業研修に限り、オンライン講義の受講のみならず、講師派遣などのカスタマイズが可能です。
また、他の科目などと組み合わせてオリジナルの研修カリキュラムを作成することもできます。