中国研究

本科目は、現在の日本人の嫌中派90%と日中友好関係が悪化している最中、客観的FACTに基づき、中国の基礎(中国人のDNA、中国共産党組織構造、五か年計画、中国指導者第五世代迄の変遷等)及び中国近代史(英国へ香港を割譲したアヘン戦争~国父:孫文が起こした辛亥革命から習近平政権誕生)を長期的視点から学び、中国国家・中国企業との付合い方を学び、且つ米中貿易戦争・コロナ禍の米中覇権戦争の行方を考察、アフターコロナの中国ニューノーマルビジネスを考察して、中国ビジネス戦略の構想力及び中国国家・中国企業を相手にプラグマティックに付き合える交渉能力・知識及び問題解決能力を習得する事及び日本はクオリティ国家・企業を目指して、自らのビジネスを見直す軸として頂く事を目的とします。

科目概要

受講可能年次 1〜2年次
必修/選択

選択

修得単位数 1 単位
受講条件
使用言語 日本語
スクーリング なし
単位修得条件

1.講義の受講
2.ディスカッションへの参加
3.最終試験

その他・備考・注意点

学習内容

1 中国の基礎
2 中国の近代史
3 尖閣諸島・半日デモ問題
4 チャイナリスクを受入れた経営
5 中米貿易戦争の真因
6 新型コロナウィルス問題の真因
7 香港問題の真因
8 「一帯一路」構想
9 中国ニューエコノミー
10 豊田通商の中国ビジネス及び戦略
11 変わりゆく中国の見方
12 アフターコロナの中国ニューノーマルビジネス

単科受講について

当科目は単科受講できません。MBA本科生のみ受講可能です。