1. MBAならBBT大学院トップページ
  2. コース・カリキュラム案内
  3. 講師紹介
  4. 後 正武

講師紹介

後 正武

後 正武Masatake Ushiro

株式会社東京マネジメントコンサルタンツ 代表

東京大学法学部卒業。ハーバード大学経営大学院にてMBA(ディスティンクション)取得。
新日本製鐵、マッキンゼー・アンド・カンパニー(プリンシパル・パートナー)、ベイン・アンド・カンパニー取締役副社長/日本支社長を経て、1996年東京マネジメントコンサルタンツを設立し現職。ほとんどの産業分野において全社戦略‐実行プログラムにいたる一連の組織課題を手がける。

著書
  • 経営参謀の発想法単著 1998年4月 プレジデント社
  • 論理思考と発想の技術単著 1998年12月 プレジデント社
  • 意思決定のための「分析の技術」単著 1998年12月 ダイヤモンド社
  • 伝説のコンサルタントが教える あまりにやさしい会計の本単著 2012年9月 ダイヤモンド社

担当科目

問題解決思考1

    企業を取り巻く環境は常に変化しており、企業が成長し続けていくためには、顧客が求めているものを事実ベースで確認し、顧客が満足する製品やサービスを提供し続けることが必要になります。そのためには、対象とする顧客ニーズや競争環境の変化を理解した上で、「なぜ自社が業績を上げ続けることが出来ないのか」をまず明らかにすることが重要となります。つまり、問題解決とは企業が業績向上できない本質的な問題をまず発見することであり、そうすることで、初めて解決策を考えだすことができるのです。本質的問題を発見するためには、市場・顧客、競争相手、そして自社を理解するために必要な事実を集め(情報収集)、理解できるまで分解し(分析)、発見できた事実を再び共通項で整理し「要は何が起こっているか」を論理的に導き出すこと(論理的帰結)が不可欠となります。
    この講座では、経営の専門知識やロジックの使い方だけではなく、「問題発見」における重要な「考え方」を理解し、その学んだことを何度も繰り返し練習することで、日常に使える「問題解決スキル」を身につけることを目指しています。

    科目の詳細

    組織と経営

      「組織機構論」の系譜として、古代から実践されているスパン・オブ・コントロール、階層制、機能分化から、「近代組織論・管理論」であるテーラーの科学的管理法、モルトケの参謀組織、ライン・アンド・スタッフ組織、人間関係論、フェイヨールの管理過程論、バーナードの近代組織論など、あらゆる理論を学びます。その上で、組織の最適運用の視点から、ビジネス・システム、組織文化、組織のアーキテクチャーなど、今日の組織の諸課題と解決方向について、理解を深めていきます。

      科目の詳細

      リーダーシップ

        リーダーシップとは何か。私達はとかく「強いリーダーシップ」を希求しがちですが、では強いリーダーシップとは何でしょうか。強ければよいのでしょうか。実はリーダーシップの姿はきわめて多様であり、組織によってもあるべきリーダーの様態が異なることを認識することが大切です。この講座では、リーダーシップについて考える際に必須な「考え方の枠組み」と、組織の中のリーダーシップの実務的展開について学んで頂きます。

        科目の詳細

        <出願資格や手続きを確認する>

        募集要項・入試日程

        <更に詳しく知りたい方はまず>

        オンライン受講可説明会に参加する

        講師紹介一覧に戻る

        コース・カリキュラム案内 / Curriculum
        MBA本科 MBA単科(科目等履修生) Non Degree 講座 講師紹介