1. MBAならBBT大学院トップページ
  2. コース・カリキュラム案内
  3. MBA単科(科目等履修生)
  4. 単科科目一覧
  5. 問題解決思考2

問題解決思考2

発散と収束の繰り返しが今まで成し得なかった解決策を生み出す

「問題解決思考」では実際のビジネスを題材に、本質的問題を発見し、これに対する解決策立案を行い、さらにこれをわかりやすく人に伝えるという、問題解決のプロセスを繰り返し実践し、問題解決の思考習慣を身につけます。ビジネスの問題で解決策に正解はありません。右脳による発散と左脳による収束を繰り返しながら、よりよい解決策を探索する術を身につけてます。(旧:問題解決思考)

本科目は、以下のいずれかに当てはまる方がご受講いただけます。
 ①単科生「問題解決思考1(旧:問題発見思考)」修了者
 ②オープンカレッジ「問題解決力トレーニングプログラム<問題解決必須スキルコース>」修了者
 ③「経営管理指導士3級」取得者

出願締切り済み

受講案内

開講 受講
期間
修得
単位数
スクー
リング
言語 対象となる本科コース
4月上旬 10月上旬 8か月 2単位 1回 日本語 経営管理コース2年次必修
グローバリゼーションコース2年次選択

担当講師

受講料

出願締切り済み

2017年12月頃 募集開始予定

360,000

本科入学時の減免制度

入学金
11.5万円減免
単位移行
16.8万円減免

※単位移行分が減免対象になるのは、入学される本科コースで必修科目もしくは選択必修科目の場合のみです。2年次授業料より減免されます。

<出願資格や手続きを確認する>

募集要項・入試日程

<不明点の解消やご相談は>

お問合わせはこちら

2017年12月頃 募集開始予定

出願は締切りました

問題解決思考2

特徴・学習内容

科目の特徴

本科目は、「プロブレム・ソルビング・アプローチ(PSA)講座」と「新規事業計画立案講座」の2講座から構成され、2講座を通じて本質的問題を発見する力にさらに磨きをかけ、問題の解決と結果を出すために必要な実戦的スキルの習得を目指します。

1「プロブレム・ソルビング・アプローチ(PSA)講座」

問題解決にはそのためのアプローチ(取り組み方・技法)があります。この講座では、ビジネススクールの利益改善やAmazon.com、アスクル、携帯キャリアのケースを通して、問題解決のアプローチ(Problem Solving Approach)の全体的な流れとそこで使用する基本的な思考方法を学び、実際の場面で成果をあげるためのスキルの習得を目指します。

2「新規事業計画立案講座」

この講座では、PSA講座で学んだ概念や考え方を新規事業計画立案に応用します。事業の着想から顧客と価値分析、競合優位性の構築、利益やキャッシュフローの計算等、新規事業計画立案に必要なプロセスについて実践的に理解し、事業計画立案に必要なスキルを習得します。
 

講義内容

本科目は主に下記講義内容にて、約8か月をかけて学びます。

受講テーマ
1 ・プロブレム・ソルビング・アプローチ(PSA)講座
・新規事業計画立案講座
2 経営課題とPSA(1)
3 経営課題とPSA(2)
4 経営課題とPSA(2)
最終試験

※上記は予定であり変更になる場合があります。

単位認定の条件

下記3点を満たす必要があります。

  1. 1授業への参加(講義の受講)
  2. 2ディスカッション
  3. 3最終試験

問題解決思考2

受講生の声

普遍的な思考方法を修得し
真のプロブレム・ソルバーへ

今井 亮翔さん[ 受講期 2010年 秋期 ]

この科目はどのようなものでしたか?
普遍的に発揮できる思考方法を修得できる

本科目はまさに「MBAに一番求められる知識・スキル」の真髄であると言えます。
現代のビジネスを取り巻く環境は目まぐるしく変化するため、次々と出会う問題に対して過去の成功体験や知識だけでは通用しにくくなっています。しかし、未知のジャングルのようなビジネス環境においても、普遍的に発揮できる力があり、それがこの科目で学ぶことのできる問題解決の思考力です。
物事の外見ではなく実態や本質を捉え、結果を残すためのインパクトのある解決策を立案する手法について学ぶことができ、ビジネスだけでなく日常生活のあらゆる場面でベースとなる思考を修得できる内容でした。

受講して学んだことを教えてください。
本質的問題の抽出と、より良い解決策の探索―その重要さ

問題の表面を眺めているだけでは決して分からない本質的問題の抽出と、より良い解決策を探索するためのアプローチの重要性を学ぶことができました。
さらに、一般的にビジネススクールで学ぶことのできる知識やフレームワークの習得にとどまらず、実際のビジネスを題材にして繰り返しトレーニングを積むことで、問題解決の思考を習慣として身につけることもできました。
また、問題発見から問題解決までのプロセスを分かり易く人に伝え、説得するためのスキルまで学ぶことができ、実践で求められる総合的な問題解決力に磨きをかけることができました。

その中で得られたスキルをどのような場面で活用できていますか?
思考の発散と収束による、根本的な問題解決

過去の経験や知識だけで答えを見つけ出そうとすると、真の答えではなく「一見答えのように見えるもの」に飛びついてしまうことがあります。そうならないよう意識し、物事に潜む真の課題は何なのかを突きとめ、その課題を解決するためのアプローチを考えるようになりました。
困難な課題であればあるほど一筋縄ではいきませんが、思考の発散と収束を繰り返すことで根本的な問題解決を目指しています。このスキルは特定の場面で力を発揮するものではなく、社内のプロジェクトや日々の業務、日常生活における何気ない疑問など様々な場面で活用できるのが特徴だと思います。

最後に科目について、教えてください。
真のプロブレム・ソルバーへの第一歩

受講前と比較して、問題解決の精度とインパクトが高くなったと実感しており、見える世界が変わったと言っても過言ではありません。
一般的なビジネススクールにありがちな、理論だけに偏ったいわば机上の空論を教わるのとは異なり、実際のビジネスの最先端で活躍されている講師から学ぶことができるのも大きな魅力であり、知識やフレームワークの習得だけでなく実践的な力を身につけることができるプログラムだと思います。
これからの時代を生き抜く真のプロブレム・ソルバーへの第一歩を踏み出せると思います。

今井 亮翔さん プロフィール

1982年生。武田薬品工業株式会社(医薬営業本部 営業企画部)

続きを読む

受講料

出願締切り済み

2017年12月頃 募集開始予定

360,000

本科入学時の減免制度

入学金
11.5万円減免
単位移行
16.8万円減免

※単位移行分が減免対象になるのは、入学される本科コースで必修科目もしくは選択必修科目の場合のみです。2年次授業料より減免されます。

<出願資格や手続きを確認する>

募集要項・入試日程

<不明点の解消やご相談は>

お問合わせはこちら

2017年12月頃 募集開始予定

出願は締切りました

BBT大学院「単科生」制度の特徴

Point 1

MBA本科生と一緒に質の高い講義を受講できる

本科生と同じ講義を受講するため、質が高いのはもちろん、本科に進学した場合にも、齟齬なく本科の講義に順応することができます。

Point 2

オンラインでいつでもどこでも学習可能

BBT独自の遠隔教育(オンライン学習)で、いつでもどこでも、効率的に隙間時間を利用して学習を進められます。
詳しくはこちら

Point 3

本科に単位を移行可能。入学金・授業料を減免

修得単位は本科に移行が可能で、その分の授業料が減免※になり、さらに本科入学金も免除になるため、MBA取得への道を後押しします。 ※一部科目除く

他の科目も見る

コース・カリキュラム案内 / Curriculum
MBA本科 MBA単科(科目等履修生) Certificateプログラム Non Degree 講座 講師紹介