BBT大学院 MBAプログラム2019年春期生
第二期出願受付中
第二期出願締切 12月17日(月)

BBT大学院で身につく力Global Perspective

ビジネス総合力

ビジネス全体の原理原則を習得し、現場で全体最適となる結果を創るための応用力、アウトプット力を要請する。

経済洞察力

アカデミックな経済学ではなく、実体経済、グローバル経済の動向を掴み、ビジネスの先を読み解く能力を養成する。

問題解決力

目の前の問題、未来に問題となる事象に対し、抜本的に解決し得る打ち手を創造し、実行できる能力を養成する。

修得した力で成果を出すAchievement

目にみえて結果が出る上に、
自身のキャリアも大きく変わった

学んだことは即実務に応用できるため、結果が出ます。毎晩深夜まで残業していたわたしは、入学と同時に勉強時間確保のために、思い切って毎日定時で帰ることにしました。単純に労働時間が半分くらいになりましたが、業績は深夜まで残業していた頃よりどんどん伸びていくんです。これには自分自身、本当に驚きました。いろんな企業から当たり前のようにヘッドハントされるようにもなりました。卒業後はヘッドハントされた企業の取締役に就任する予定でしたが、もともといた会社から取締役のオファーをされ、そちらに就任いたしました。自分がこんなに早く経営者として仕事をすることになるとは思ってもみませんでした。

独立起業、多くの仲間、そして成長への強い意識

私は大きく変化しました。まず、公務員という安定的な仕事を捨てて、独立起業しました。昔から独立したいという気持ちはありましたが、40歳を過ぎて安住する気持ちも強くなっていました。BBT大学院に行っていなければこんな冒険はしなかったかもしれません。いろいろな業界に多くの仲間もできました。公務員をしていたのでは絶対に知り合うことができなかった人たちです。この時できた人のつながりに、今のビジネスで大きく助けてもらっています。もうひとつは、学び続ける、成長し続けるという強い意識を持ったことです。これがなければ今の自分はありません。それだけ大事なものですが、忘れられやすいものでもあるのです。

できないことはないという強いマインドセットを持つことができた

当初は全く経営の知識もなく、果たしてMBA取得などできるのか?という不安もありました。私はデザイン業務という専門性のある仕事をしていましたので、MBAをとったところで、どのように業務に活かせるのか?という気持ちもありました。しかし、この2年間一つも単位を落とさずにやりきれたことは、自分の中でも大きな自信となっていますし、やはりデザイン課題を解決するにも根っこにある企業の経営課題の理解なくしては、本質的なソリューションには辿りつかないと考えます。「とにかく行動する」「人の話を傾聴する」「自分の頭で判断する」ということをすれば、幾つになっても、何にでも挑戦できるという強い気持ちを持つことができたのは、財産だと思います。

自分の脳をフル活用して思考するようになった

経営においては、様々な事象があらゆる場面で発生します。これまでは、それらを個別のものとして別々に処理をしていました。しかし、BBT大学院での学びを通して「要はなにか?」と考える思考法が身に付きました。その結果、まずは一旦大きな視点でそれぞれの事象を眺め、整理し、ロジックをもって答えを導くことができるようになりました。これにより日々の判断はもちろん、それ以外にも社内においてレポートが取り上げられたり、会社を代表して講義をする機会が増えるなど、様々な場面で活用できていると思います。

選択できるコースCourse

経営管理専攻には、3つのコースがあります。目指す方向に合わせて、コースを選択してください。

事業のマネジメント能力に加え、ビジネスリーダーに必須のスキルである問題解決力、事業構想力を徹底的に鍛え上げる

主な対象者
ビジネスリーダー、経営陣(者)、将来的な起業、ゼネラリストを目指される方

体系的に経営マネジメントを体得した上で、あらゆるグローバル環境で結果を出すための具体的な実践スキルを獲得する

主な対象者
英語でビジネスを実行できる一流のプレーヤー、海外でのマネージャーを目指される方

社会に対し絶えず新たな価値を創り出せる力を養成し、さらに次世代を牽引する意義ある多くの産業を生み出すスキルを獲得する

主な対象者
起業や事業立ち上げを志し、事業の永続的な発展を目指される方

入試概要Overview

出願手続き

出願資格

学士・修士・博士のいずれかの学位を取得し、就業経験が2年以上ある方

短期大学・高等学校・高等専門学校を卒業し、就業経験が5年以上あり、個別の入学審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると本大学院が認めた方

外国において学校教育における16年の課程を修了し、かつ、就業経験が2年以上ある方

本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められ、22歳に達し、かつ、就業経験が5年以上ある方

出願書類

1小論文(各800~1000字程度)
経営管理コースの課題
  • ● 本大学院における貴方の卒業研究(事業計画)のテーマについて述べてください
  • ● 貴貴方の人生のこの時期に本大学院の経営管理修士課程へ出願した理由は何ですか
  • ● 貴方のキャリアゴールを具体的に書いて下さい
グローバリゼーションコースの課題
  • ● 貴方の所属する企業をグローバル化するためにはどのようにしたらよいか、貴方の考えを具体的に述べてください
  • ● 貴方の人生のこの時期に本大学院の経営管理修士課程へ出願した理由は何ですか
  • ● 貴方のキャリアゴールを具体的に書いて下さい
アントレプレナーコースの課題
  • ● 貴方の考える起業プランのミッションとアイデアについて、具体的に述べてください
  • ● 貴方の人生のこの時期に本大学院の経営管理修士課程へ出願した理由は何ですか
  • ● 貴方の考える起業プランが成功した暁には、どのような社会的貢献が期待できると考えますか
2推薦書2通 親族(3親等以内)以外の2名から1通ずつ
3成績証明書 最終学歴取得学校のもの
4卒業証明書 最終学歴取得学校のもの
5写真2枚 縦4cm×横3cm

書類の送付先や選考方法、出願資格の詳細は「本科生募集要項」よりご確認ください。

募集要項を確認する

入試情報

2019年春開講 第二期出願受付中。書類審査と口頭試問で選考します。

選考方法

第一次試験:書類審査
(出願書類として提出したもの)

第二次試験:口頭試問
(第一次試験に合格した方のみ)

スケジュール

  第一期 第二期 第三期 第四期
出願締切 2018年11月19日(月) 2018年12月17日(月) 2019年1月21日(火) 2019年2月20日(水)
第一次合格発表
(書類審査)
2018年11月27日(火) 2019年1月15日(火) 2019年1月29日(火) 2019年2月27日(火)
第二次試験
(口頭試問)
2018年12月1日(土) 2019年1月19日(土) 2019年2月2日(土) 2019年3月2日(土)
合格発表 2018年12月5日(水) 2019年1月23日(水) 2019年2月6日(水) 2019年3月7日(木)

面接日程が合わない場合は一次試験合格後にご連絡ください。

学費

初年度
入学金 システム利用料 授業料
31万5千円 12万円 126万円
合計:169万5千円
2年次
システム利用料 授業料
12万円 126万円
合計:138万円

2年間のトータルの学費は、307万5千円となります。 3年以上在籍される場合は、システム利用料のみ12万円/年が追加となります。 授業料は固定ですので、3年以上在籍されても追加で支払う授業料はありません。
※グローバリゼーションコースは、2年次必修の卒業実習(海外ワークショップ)費、渡航費、宿泊費が別途必要になります。
※詳細、その他注意事項はこちらよりご確認ください。

以下の制度もございます。
・ 国の教育ローン ・ 民間教育機関の教育ローン

学費について詳細を確認する

支払い方法

授業料等の納入は、銀行振込みのほか、クレジットカード(VISA、Masterのみ)が利用できます。

第三期までの合格者
分割納入
2019年3月14日までに前期分【69万円】
2019年9月12日までに後期分【69万円】
第四期での合格者
分割納入
2019年3月20日までに前期分【69万円】
2019年9月12日までに後期分【69万円】

※入学金は2次試験合格後、お支払いいただきます。

早期出願・入学者限定特典

第三期までの入学確定者には特典を進呈します。開講までのお時間を有効に利用するため、事前学習教材としてご活用ください。
※各出願期によって特典の内容は異なります。

出願・入学確定者 特典内容

第二期特典
MBAに備えるための事前学習コンテンツなどを提供
HBR

6か月無料購読!
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー

※発送先は日本国内のみとなります

AirSearch

電子ライブラリ AirSearch視聴サービス
5000時間を超えるビジネスコンテンツの中から入学前に学習できる

よくある質問FAQ

複数年在籍した場合の学費はいくらかかりますか。

2年次の授業料は2年次進級時にお支払いいただきますが、同学年に複数年在籍した場合、2年目以降はシステム利用料12万円(年間)をお支払いいただく必要があります。なお、単位を落とした科目を再履修する場合は別途1単位につき84,000円の再履修料がかかります。

出願書類にあるエッセイの卒業研究についてテーマを絞り込めずにいます。入学後にテーマ変更は可能でしょうか?

経営管理コースの出願書類であるエッセイ「事業計画のテーマ」について、入学後にテーマを変更されても問題ございません。将来的に起業をお考えのようでしたらそちらについてお書きいただくか、現在所属されている会社での新規事業提案ということをお書きいただいても結構です。

推薦書は誰に書いてもらえばよいですか?

出願者をよくご存知の方で、客観的な評価をいただける方にご依頼ください。会社関係の方や友人、知人の方でも問題ございません。また、推薦者の肩書きは合否に影響しません。ただし、親族(三親等まで)は推薦者として認められません。

講義はどのように行われるのですか?

講義はオンラインによる遠隔教育システム「AirCampus」を通じて行います。従来の一方通行型のe-ラーニングとは異なり、講師陣や国内外の受講生との議論を実現する双方向型のシステムです。オンデマンド方式の講義なので、時間や場所に縛られず、自分の好きなスタイルで受講が可能です。

受講にはどのようなスキルが必要とされますか?

Word、Excel、PowerPointなどのソフトウェアの操作や、インターネット設定やe-mailなどの一般的なパソコンの操作スキルが必要です。また、経営に関する知識は必須ではございません。

海外からの受講は可能ですか?

インターネット環境が利用できる地域であれば世界中のどこにいても受講可能です。

1週間に何時間くらいの学習時間が必要ですか?

2年で修了される方の場合、個人差もありますが、講義映像を視聴する時間も含めて20?25時間程度です。
また、この時間を必ず確保しないと卒業できないということではございません。

開講時期はいつですか?

本科生の春期入学は4月1日、秋期入学は10月1日です。単科生は科目によって開講のタイミングが異なります。

学長メッセージMessage

キャリア上の現在の立ち位置に満足することなく、「プラスα」を身に付けてネクストステージを目指す志の高い人たちのために、この大学院を2005年に創設しました。

時間と場所を問わずに働きながらでも学べるようにオンラインでの受講と議論を可能にし、ビジネスで結果を出してきた一流の講師陣を揃えてスタートしました。今日までに本大学院でMBAを取得した卒業生は1,000名を超え、非常に高い満足度と、昇進やキャリアアップ、また起業などの目覚ましい成果を生み出してきています。

またこの間に、経営マネジメントに関連する8,000時間以上のコンテンツを開発・収録してきました。それらはビジネス界の先端で活躍する経営者やコンサルタント、そして研究者などによる貴重なコンテンツであり、大学院の財産であるとともに、自由に視聴できる学生の皆さんにとっては他ではなかなか得られない「知」の宝庫であると言えます。そしてその活用が卒業後の「知」のネットワークにつながります。

働きながらBBT大学院でのMBA取得に挑戦するには、相当の努力とコミットする覚悟が必要ですが、皆さんには実践を通じてスキルを身に付け、Before/Afterのデルタを最大化してもらいたいと思います。

私たちも常に教育の先駆者たることを目指し、革新と工夫を続けていきます。

ビジネス・ブレークスルー大学大学院 学長
大前研一

まずは説明会へ参加

出願する

本科出願

2019年春期本科生の出願受付中です。出願される方は以下より出願手続きを行ってください。

本科生の出願サイトはこちら
単科出願

MBA科目を個別で受講できる単科生。4月以降開講科目の出願は12月上旬開始予定です。