BBT大学院/BOND-BBT MBAプログラムの真髄でもある「問題解決思考」について、実際のテーマをベースに、体験していただく実践型のワークショップ・セミナーです。

BBT大学院オンラインMBAの真髄であり、名物科目でもある大前研一学長の「経営戦略論」。

この科目では、経営戦略や問題解決のプロセス・理論を学ぶのみならず、「毎週1題のケーススタディ」に取り組み続けることで、
戦略構築の実践力とセンスを鍛えることを主眼に置いています。

まさに「知のシャワーを浴び考え続ける」実践的な学びになりますが、修了生からは「この経営戦略論の授業こそが最もBBTらしい学びだった」との高い評価を毎年いただいています。新入生の方も、経営戦略論に高い期待をもって入学される方がほとんどです。

そこで今回、経営戦略論にて実際実施したケーススタディに取り組める「体験授業つきMBA説明会」を開催いたします!

※講師/ファシリテーションは当校教員が務めます
※MBA検討者むけの企画となります
※ケースは実企業の事業課題を取り上げ、グループワーク形式で実施します

なお、BBT大学院のケーススタディは「過去の事例から理論を学ぶ」一般的なメソッドではなく、「実企業の現在進行系の経営課題に取り組む」独自のメソッドを展開しています。

その名も「RTOCS:アールトックス(Real Time Online Case Study)」です。

「変化の激しい答えなき時代」において自ら答えを創るための戦略思考・問題解決思考を鍛えるべく、とにかく「現在進行系の課題を考える」点にこだわっているのが、BBT大学院流なのです。

それと同時に、RTOCSのメソッドはマッキンゼーで手腕を発揮し長きにわたり多大な成果を出し続けてきた「大前研一学長」が編み出した方法論でもあります。

現代の時代背景に即した実践MBAカリキュラムのご説明と、それを実感いただける「BBT流ケーススタディ=RTOCS」の体験授業に、ぜひご期待ください。

説明会終了後は、お時間の許す限り個別でのご相談も承ります。

プレゼンター紹介

今枝 昌宏 氏

京都大学大学院、米国Emory University(MBA)を修了。PwCコンサルティング、日本アイ・ビー・エム、RHJインターナショナル(旧リップルウッドホールディングス)を経て、エミネンスLLC代表パートナー。ビジネス・ブレークスルー大学院では、教授として「現代版企業参謀」を担当。著書に『ビジネスモデルの教科書』『サービスの経営学』、共著に『実践シナリオ・プランニング』、訳書に『戦略立案ハンドブック』(すべて東洋経済新報社)などがある。

進行イメージ

  • MBAプログラムの概要紹介(BBT事務局)
  • 体験授業『経営戦略論(RTOCS)』(教授)
  •  -問題解決プロセスのミニレクチャー
     -グループワーク
     -プレゼンテーション

  • Q&Aセッション(教授&BBT事務局)

対象者

いずれかに該当する方

  • BBT大学院・BOND-BBT MBAプログラムへの入学を検討されている方
  • MBA取得をお考えの方
  • 本学のMBAに興味がある方

以下の方はご遠慮ください

  • 実務経験がない方(社会人以外不可とさせていただきます)
  • MBAをすでに取得されている方
  • MBA大学院の学校職員および講師の方
基本情報
  • 2020 / 02 / 19 (水)

  • 19:30~21:30

  • 無料

  • 【BBT大学院 麹町校舎】 東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア 地図はこちら

【説明会】に申し込む

BBT大学院/BOND-BBT MBAプログラムの真髄でもある「問題解決思考」について、実際のテーマをベースに、体験していただく実践型のワークショップ・セミナーです。

BBT大学院オンラインMBAの真髄であり、名物科目でもある大前研一学長の「経営戦略論」。

この科目では、経営戦略や問題解決のプロセス・理論を学ぶのみならず、「毎週1題のケーススタディ」に取り組み続けることで、
戦略構築の実践力とセンスを鍛えることを主眼に置いています。

まさに「知のシャワーを浴び考え続ける」実践的な学びになりますが、修了生からは「この経営戦略論の授業こそが最もBBTらしい学びだった」との高い評価を毎年いただいています。新入生の方も、経営戦略論に高い期待をもって入学される方がほとんどです。

そこで今回、経営戦略論にて実際実施したケーススタディに取り組める「体験授業つきMBA説明会」を開催いたします!

※講師/ファシリテーションは当校教員が務めます
※MBA検討者むけの企画となります
※ケースは実企業の事業課題を取り上げ、グループワーク形式で実施します

なお、BBT大学院のケーススタディは「過去の事例から理論を学ぶ」一般的なメソッドではなく、「実企業の現在進行系の経営課題に取り組む」独自のメソッドを展開しています。

その名も「RTOCS:アールトックス(Real Time Online Case Study)」です。

「変化の激しい答えなき時代」において自ら答えを創るための戦略思考・問題解決思考を鍛えるべく、とにかく「現在進行系の課題を考える」点にこだわっているのが、BBT大学院流なのです。

それと同時に、RTOCSのメソッドはマッキンゼーで手腕を発揮し長きにわたり多大な成果を出し続けてきた「大前研一学長」が編み出した方法論でもあります。

現代の時代背景に即した実践MBAカリキュラムのご説明と、それを実感いただける「BBT流ケーススタディ=RTOCS」の体験授業に、ぜひご期待ください。

説明会終了後は、お時間の許す限り個別でのご相談も承ります。

プレゼンター紹介

今枝 昌宏 氏

京都大学大学院、米国Emory University(MBA)を修了。PwCコンサルティング、日本アイ・ビー・エム、RHJインターナショナル(旧リップルウッドホールディングス)を経て、エミネンスLLC代表パートナー。ビジネス・ブレークスルー大学院では、教授として「現代版企業参謀」を担当。著書に『ビジネスモデルの教科書』『サービスの経営学』、共著に『実践シナリオ・プランニング』、訳書に『戦略立案ハンドブック』(すべて東洋経済新報社)などがある。

進行イメージ

  • MBAプログラムの概要紹介(BBT事務局)
  • 体験授業『経営戦略論(RTOCS)』(教授)
  •  -問題解決プロセスのミニレクチャー
     -グループワーク
     -プレゼンテーション

  • Q&Aセッション(教授&BBT事務局)

対象者

いずれかに該当する方

  • BBT大学院・BOND-BBT MBAプログラムへの入学を検討されている方
  • MBA取得をお考えの方
  • 本学のMBAに興味がある方

以下の方はご遠慮ください

  • 実務経験がない方(社会人以外不可とさせていただきます)
  • MBAをすでに取得されている方
  • MBA大学院の学校職員および講師の方


【説明会】に申し込む