編集部posts 2020年12月24日

【MBA・ビジネス用語】MBAでも使える? 専門実践教育訓練給付金について解説

【MBA・ビジネス用語】MBAでも使える? 専門実践教育訓練給付金について解説



執筆:mbaSwitch編集部

昨今は「人生100年時代」といわれ、いくつになっても学び続けることが重要視されています。しかし、働きながら勉強に集中したり、学費を捻出したりするのはなかなか難しいもの。そこで、活用すべきは国が費用の一部を補助する「教育訓練給付金」です。
本記事では、BBT大学院でも利用可能な「専門実践教育訓練給付金」制度について解説していきます。


https://www.ohmae.ac.jp/session/

1. 教育訓練給付制度とは?

教育訓練給付制度とは?

教育訓練給付制度とは?

教育訓練給付制度とは、社会人が資格取得や専門性を高めるための教育費用を一部国が負担してくれる制度です。厚労省HPによると、「働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるもの」とされています。


教育訓練給付制度は、「専門実践教育訓練」「一般教育訓練」「特定一般訓練」の3つに大別されます。

①専門実践教育訓練給付金

通学などで中長期的に学び続けたい方向けに、3ヶ月~24ヶ月とさまざまな専門分野の幅広い対象講座について、教育に投資した金額のうち最大70%(上限あり)を支給してくれる制度です。MBAが取得できる経営大学院の学費も「専門実践教育訓練給付金」として適用されます。

②一般教育訓練給付金

特定の資格取得などのサポートを主とした短期的な教育機会について、費用の20%(上限10万円)が支給される制度です。行政書士、情報処理技術者など資格取得の勉強をされている方は特に、活用してみると良いかもしれません。

③特定一般教育訓練給付額

介護支援専門員など、その資格を持たずに業務を行うことが法令で禁止されている資格や、レベル2以上の高度なIT資格の取得サポートを主とした短期的な教育機会について、費用の40%(上限20万円)が支給される制度です。


ここから、「専門実践教育訓練給付制度」について解説していきます。

専門実践教育訓練給付制度の対象者は?

支給対象者の条件の1つは、「雇用保険の加入期間」です。

<在職者(雇用保険の被保険者)である場合>

受講開始日までに、支給要件期間が3年以上を満たす必要があります。


例:同一事業主による雇用保険の加入期間が【3年以上】である
専門実践教育訓練給付制度の対象者 在職者(雇用保険の被保険者)である場合

<離職者である場合>

最後に雇用保険に入っていた日から、受講開始日が1年未満であり、かつ同一事業主による雇用保険の加入期間が【3年以上】ある必要があります。

専門実践教育訓練給付制度の対象者は?離職者である場合

注意点(在職者・離職者に関わらず共通)

1.初めて教育訓練給付金を受ける場合は、雇用保険の加入期間は【2年以上】で支給要件を満たします。
2.異なる事業主に雇用されていたことがあり、空白期間が1年未満の場合はその期間も支給要件期間に加算することができます。
専門実践教育訓練給付制度の対象者は?注意点(在職者・離職者に関わらず共通)

支給要件の2つ目は「訓練前キャリアコンサルティング」を完了していることです。
専門実践教育訓練給付金を支給してもらうためには、受講開始日の1ヶ月前までに訓練対応キャリアコンサルタントによる訓練前キャリ アコンサルティングを受ける必要があります。訓練対応キャリアコンサルタントの所在地については、最寄りのハローワークへお問い合わせください。

支給額は?

専門実践教育訓練にかかった費用の50%が支給されます。ただし、年間支給額の上限は40万円であり、合計支給額の上限は120万円です(年間支給額の上限は40万円なので、訓練期間が2年の場合の上限は80万円。訓練期間が3年以上の場合、上限が120万円となります)。


また、受講修了日から1年以内に被保険者として雇用された、もしくは引き続き雇用されている場合に、20%の追加支給(支給上限32万円)がなされます。

▼BBT大学院を2年間で修了した場合の支給内容

BBT大学院を2年間で修了した場合の支給内容

教育訓練”支援”給付金とは?

失業中の方は、専門実践教育訓練給付金に加えて、「教育訓練支援給付金」も受け取れる可能性があります。
受講開始日に45歳未満である、受講する教育訓練が通信制または夜間制ではない、などの条件を満たしていれば、教育訓練が終わるまで、基本手当の日額に相当する額の80%を受け取ることができます。

詳しくは、厚労省のHP等をご覧ください(※本制度は、2020年12月時点で2022年3月末までの時限措置となっています)。

申請方法は?

専門実践教育訓練給付金の手続きのためには、最寄りのハローワークに必要書類を提出します。受講前と、支給申請時に準備した書類を提出しに行きましょう。
ただし、専門実践教育訓練給付金を受け取るためには、訓練前キャリアコンサルティングを完了させて、「ジョブ・カード」を取得しておく必要があります。まずは、訓練前キャリアコンサルティングを受けましょう。

<受講前に提出する主な書類>

給付金の受給資格を得るために必要な書類は下記の通りです。
 ・受給資格確認表
 ・ジョブ・カード ※訓練前キャリアコンサルティングを受講すると発行されます
 ・本人確認書類
 ・本人顔写真
 ・口座番号確認書類(キャッシュカード可)


書類が受理されると、ハローワークから「受給資格者証」が発行されます。

<支給申請のために提出する主な書類>

実際に給付金を振り込んでもらうために必要な書類です。
 ・受給資格者証
 ・給付金の支給申請書
 ・受講証明書 または 受講修了証明書
 ・領収書
 ・教育訓練経費等確認書


受講中は受講開始日から6ヶ月ごと、受講が修了した場合は修了日から1ヶ月以内が支給申請が可能な期間です。

デメリットはあるの?

専門実践教育訓練給付制度は、書類を提出し、きちんと訓練を修了すれば、学費の半分以上を負担してくれるものであり、メリットが大きいことはおわかりかと思います。
受給する上でのデメリットを強いて挙げるならば、支給は受講修了後になるので、最初の自己負担が大きいことです。


また、この制度は連続・併用して使うことができず、1度利用したら次回利用可能になるまで3年以上の期間を空けなければなりません。複数の資格取得や通学を考えている方は、一番高額なもので申請し、なるべく多くの額を負担してもらえるように気をつけましょう。
ハローワークへの申請書類の提出は、基本的に平日に行かなければならないこともデメリットと言えるかもしれません。申請の準備は早めに行うことをおすすめします。

2. 経営大学院で教育訓練給付制度が使えるところは?

経営大学院で教育訓練給付制度が使えるところは?
経営大学院で教育訓練給付制度が使えるところは?2

引用:専門実践教育訓練指定講座一覧(2018年4月~2020年10月指定)

上表は、令和2年7月31日時点の情報を元に作成しています。最新の情報は厚労省のHPをご確認ください。

3. BBT大学院ではどのような授業が対象?学費は?

 BBT大学院ではどのような授業が対象?学費は?
BBT大学院では、2年間のプログラム「経営学研究科経営管理専攻」(MBA本科)が給付金の対象となります。
MBA本科の授業料は下記の通りですが、専門実践教育給付制度を利用すれば大幅に出費を抑えることができます。

<授業料内訳>

・入学金: 31.5万円
・授業料: 年間126万円(半期ごと納入)
・システム使用料: 年間12万円(半期ごと納入)
※2年間合計: 307.5万円

BBT大学院の場合の給付額

4. なぜ今MBAを学ぶ必要があるの?

 なぜ今MBAを学ぶ必要があるの?
人生100年時代と叫ばれて久しく、常に知識をアップデートしていないと、ビジネスパーソンとして長く活躍し続けることが難しい時代です。

自分の現在の専門を深めキャリアアップするも良し、新しい領域も取り入れキャリアチェンジするも良し。何を学ぶかは自分次第ですが、学び方の選択肢として、MBAが取得できる経営大学院があります。

経営大学院は、特定の業界に特化した知識というよりは、事業を創る、伸ばすためのスキルを学ぶ場所です。ロジカルシンキング、情報分析・収集力、リーダ―シップ…いわばどの企業でも求められる能力を育みます。変化の激しいこれからの時代に通用するビジネスパーソンとしての共通スキルを身につけ、「どこでも生きていける力を身につける」ことも有効なのではないでしょうか?

5. 100%オンラインでMBAが取得できるビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)とは?

100%オンラインでMBAが取得できるビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)とは?
仕事だけでも忙しいビジネスパーソンにとって、働きながら経営大学院で学ぶことは容易ではありません。
働きながらでも、うまく時間を活用して学び続けるには、「オンラインMBA」(経営大学院の授業の一部もしくはすべてをオンラインで実施するMBAプログラム)がおすすめです。

本校(ビジネス・ブレークスルー大学大学院、以下BBT大学院)は、日本国内で最も長いオンラインMBAの歴史を持っています。2005年の開学以来、15年という月日のなかでオンライン学習の知見を蓄積し、オンラインMBAのパイオニアとして試行錯誤を重ねてきました。

100%オンラインで受講できるため、学びの柔軟性が高く、多忙なビジネスパーソンでも学び続けることができます。

BBT大学院の学長である大前研一は「経営者、現場、顧客からしかビジネスは学べない」という信念から、経営者や起業家、そして数多くの企業や国家の問題解決をリードしてきた経営コンサルタントを中心に教員陣を揃えています。
現在もマネジメントに携わっているリーダー経験豊富な実務家教員から、実践経験に基づいたビジネス・経営のスキルや知識が学べます。

さらに、時代に即した最先端のカリキュラムや教育手法を提供できるよう、アップデートを繰り返しています。
たとえば、MBAの醍醐味であるケーススタディは、Real Time Online Case Study(RTOCS:アールトックス)と呼ばれる独自の教育メソッドを導入し、現在進行形の事例について取り上げます。
一般的なケーススタディでは過去事例を取り上げますが、今まさに起こっている事例について、「自分が経営者やトップだとしたら?」という視点で将来を予測し、具体的な戦略を考えることで、問題発見・解決能力を身につけられます。

また、教務スタッフによる学生サポートが手厚く、学習の進捗フォローを行い、学習サポートやアドバイスをしている点もBBT大学院の魅力です。
教務スタッフは、一人ひとりの学生の学習状況などを日々確認し、身近な存在として伴走してくれます。

6. まずはオンライン説明会に参加しましょう!

まずはオンライン説明会に参加しましょう!
100%オンラインのMBAプログラムでどのように学ぶのか、具体的にイメージしづらい方もいるかと思います。そこで、一人ひとりがその場で疑問や不安点を十分に解消できるよう、少人数制による説明会を定期的に開催しています。
「オンライン説明会」なら、どこでもご参加可能です。参加に必要なものはインターネット環境とPC・スマホのみなので、お気軽にご参加いただけます。


古典から最先端の理論まで、経営学の基礎をしっかり体得したビジネスパーソンになりたい方は、まずはBBT大学院の説明会に申し込みましょう!